高額であれば、お客さん・先生業の双方に良い


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

商品を作り、いざ見込み客の方に売ろうとする時に問題になるのが、商品の値段をいくらにするかですよね。

 

誤解を恐れずに言えば、見込み客が払ってくれる上限の額で売ることが出来ればベストです。

 

しかし、特に複業・起業初期の頃は、

「あまりに高額な価格は提示しづらい…」

「そもそも有料で提示することさえも抵抗がある…」

という方もいると思います。

 

もちろん、有料で売らなければならないというルールはありませんので、どうしても有料で売ることに抵抗があるのであれば、無料で売っても構いません。

 

お客さんの声を集めるだったり、数をこなすことを目的としているのであれば、無料でも構わないと思いますが、そのような理由でない場合は、有料、それも出来ればある程度の高額で売ってもいいと思っています。

 

 

なぜかと言うと、人間は、無料や低額のものには価値を見出さないからです。

 

実際、無料でもらったものはたいして大事に扱わない人が多いと思います。

 

これは先生業でも同じで、僕も昔、無料でコーチングセッションを行っていた時期があったのですが、無料だからお試しに…というお客さんもいたし、当日にセッションをキャンセルされてそれ以降連絡がつかなくなった、という方もいました。

 

 

これは、勉強会やセミナーをやる時も同じです。

 

参加費が無料であれば、やはり、お試し感覚や冷やかしのお客さんが一定数混じってしまいます。

 

それに対して有料だと、お客さんのほうも真剣です。

 

なにせ、元を取ろうという心理が働きますからね。

 

 

このようなことから、低額よりも高額の方が、お客さんが商品に取り組む意気込みも高くなります。

 

1回1,000円のセッションと1回10,000円のセッションでは、自ずと取り組む姿勢が変わってきますよね。

 

「1,000円だから結果が出なくてもいいや~」と思っていたものが、10,000円になると、

「せっかくこれだけ払ってるんだから、出来る限り自分のものにするぞ!」という気持ちになるものです。

 

そしてそのような姿勢の違いもあって、実際に、1,000円払うより10,000円払った方が、お客さんの結果も出やすいのです。

 

 

一方、先生業のほうから考えてみても、低額よりも高額の方が先生業のためになります。

 

なぜなら、高額であれば、それだけ先生業の方にもプレッシャーがかかるためです。

 

高額でも低額でも自分のベストのものを提供する、という姿勢はもちろんですが、やはり、1,000円もらってサービスを提供する時と、10,000円もらってサービスを提供する時とでは、気持ちに違いが出てしまうのは仕方がないと思います。

 

そして、高額に見合うサービスを提供しなければ!という想いとサポートが、クライアントの結果に繋がるのです。

 

 

 

このように、高額であれば、お客さんにとっても、先生業にとっても、良い結果となる場合が多いと感じています。

 

高額=悪 ということは決してありません。

 

ぜひあなたも、少しずつで構わないので、高額化してみることにチャレンジしてみてください(^^)

 


タグ:  

カテゴリ:先生業のコツ 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ