セミナーや勉強会は赤字でもOK?!


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

「損して得取れ」という言葉を聞いたことがありますか?

 

これは、

 

一時的には損をしても、将来的に大きな利益になって返ってくるように考えよということ。

目先だけの得を考えるとかえって大きな損をすることがあり、逆に今の損を我慢すれば最終的に大きな得を得ることがある。

 

という意味です。(故事ことわざ辞典より引用)

 

 

このことは、先生業で複業をする際にもとても当てはまります。

 

例えば、あなたがセミナーや勉強会を開催する場合もそうです。

 

先生業のビジネスの主な流れは、セミナーや勉強会を開催して、その後、あなたのバックエンド商品(高額な本命商品)を買ってもらう、となります。

 

バックエンド商品は高額かつ利益率が高いため、要は、バックエンド商品が売れれば良いのです。

 

なので、セミナーや勉強会で利益を上げる必要は正直ありません。

 

もちろん、利益は多いに越したことはありませんが、仮にセミナーを開催して赤字でも、その後バックエンド商品が売れれば、セミナー開催の赤字分を充分相殺することができます。

 

 

他にも、ジョイントベンチャーをする際もそうです。

 

自分よりも成功している人・稼いでいる人と組みたいと思った時は、あなたが相手に与えることのできるものは決して多くないため、最初は、相手の手伝いをする、ということがあるかもしれません。

 

ここで、「タダ働きは嫌だ」なんて言って何もしなければ、あなたは何も得られません。

 

最初はあなたから時間やお金を提供することにより、将来的に、人を紹介してもらったり、見込み客が増えたりするのです。

 

 

また、複業でお金を稼ぎたいという人は特に注意して欲しいのですが、目先の得ばかり考えると、かえって大きな損をすることが本当にあります。

 

これは、株などの投資やネットビジネスの世界ではつきものです。

 

やはり最初は、自分の時間やお金を自己投資してコツコツとインプット・アウトプットを繰り返すことにより、やっと数か月後に成果が出るようになるのです。

 

短期的な得にくらむことなく、長期的な視点で複業に取り組んでいきましょう!

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ