カクテルアワードから気づいた先生業の落とし穴


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

先日、僕のバーテンダーの師匠の周年パーティーにて、カクテルを作らせて頂きました。

 

カクテルアワードということで、カクテルの味・見た目・コンセプトなどを競うコンテストだったのですが、残念ながら優勝することはできませんでした(>_<)

 

敗因は色々ありそうですが、その中の一つをシェアさせて頂きたいと思います。

 

 

それは、ライバルに勝つということをなかば放棄して、自分の商品をほとんどアピールしていなかったということです。

 

 

でもこれ、先生業の方であれば、思い当たる節がある方もいると思うんですね。

 

先生業の方は、腕に自信のある方が多いため、特にアピールしなくても、特に営業しなくても、自分の腕の良さでお客さんが勝手に自分を選んでくれるのでは…と思ってしまいがちです。

 

僕も、自分の作成したカクテルにはそれなりの自信を持っていました。

 

それゆえ、自分の所定のブースを離れて、ライバルのブースに行ってカクテルを飲んでいました(笑)

 

やっぱり、作成者が誰だか分からないカクテルよりも、作成者の顔が見えて熱心にアピールされたカクテルの方を支持したくなるのは当然ですよね。

 

 

物が良ければ売れた時代はもうとっくに終わりました。

 

今は、100円ショップでもそれなりに品質の良い商品が購入できる時代です。

 

そのような中では、物が良いだけでは売れず、どうアピールするか、どうマーケティング・セールスするかが必須の力になってくるのです。

 

僕も、今回のカクテルアワードで、自分の商品をアピール・セールスすることの大切さを改めて実感しました。

 

次回またアワードの機会があった際には、最低限、自分のブースには常駐しておきたいと思います(笑)

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ