あなたの価値観・スタンスに合った人がお客さんになる


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

先生業の世界では、売れている先生というのは年に何千万円、何億円と稼いでいます。

 

そのような強力なライバルが多数いる中で、まだ始めたばかりで実績もほとんどない自分が、お客さんから選ばれるのだろうか…と不安になっている方もいるかもしれません。

 

しかし、結論から言うと、このような心配は一切不要です。

 

なぜなら、先生業は、スキルや実績だけで選ばれる訳ではないからです。

 

 

以下は実際に僕が経験したことなのですが、セミナー後に行った個別相談の場での出来事です。

 

そのお客さんは、以前、ある方からコーチングを受けたことがありました。

 

そのコーチの方というのは、僕よりもよっぽどコーチングのスキルが高く、セッション回数も比べものにならないほど実績を積んでいる方でした。

 

しかし、個別相談に来られたその方が言うには、そのコーチが予想以上にスパルタで、課題も毎日課せられて、ちょっとしんどくなってしまった…ということでした。

 

なので、その個別相談の場でも、「初回から課題がわんさか出ないですよね??」と、不安に感じていました。

 

僕は、もちろん課題は出させて頂きますが、毎日欠かさず行えというものではありません。

 

次のセッションまでに出来ればベストだけど、仕事などで忙しければ、少しくらいは提出が遅れても大丈夫ですよ、という程度のゆるさで行っています。

 

 

スパルタがいいお客さんもいれば、少しゆるめがいいお客さんもいるのです。

 

これは、あなたの大切な価値観・スタンスなのです。

 

それら自分の特性を無視して、大御所の先生の価値観・スタンスに合わせる必要はまったくありません。

 

スパルタがいいお客さんはスパルタの先生のところに行き、少しゆるめがいいお客さんはゆるめの先生のところに行くだけです。

 

現に僕も昔、起業塾に通っていた頃は、そこの先生は僕と同じようなゆるめの方でした。

 

他の起業コンサルの方のほとんどがスーツをビシッと着て講義を行っている中、僕の先生はTシャツにスニーカーで講義をしていました。

 

 

「類は友を呼ぶ」というように、あなたの価値観やスタンスに共感したお客さんがあなたの元にやって来るのです。

 

なので、間違っても、自分の価値観やスタンスに合わない人はお客さんにすべきではありません。

 

自分と合わないお客さんを断っていれば、そのうち、あなたの価値観・スタンスにピッタリ合ったお客さんが必ず現れますから(^^)

 


タグ:  

カテゴリ:先生業のコツ 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ