「先生」と名乗るのに気が引ける方へ


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

先生業で複業をしたいという方から頂く不安の一つに、

「自分にはずば抜けたスキルもないのに、こんな私が先生を名乗っていいのでしょうか…」

というものがあります。

 

確かに、自分のスキルに自信を持つことができなければ、先生と名乗るのに躊躇してしまう気持ちは分かります。

 

しかし、ちょっと考えてみてください。

 

小学生や中学生を対象にした学習塾では、その講師の多くはアルバイトの大学生で成り立っています。

 

大学生なので、知識や教えることに関しては充分ではないことが多々あります。

 

しかし、そんな大学生のバイト君でも、数週間の研修を経て授業の現場に立つと、塾生である小学生・中学生からは、先生と呼ばれるのです。

 

ここで、

「自分にはずば抜けたスキルがないから、先生と呼ばれたり名乗るのは気が引ける…このバイトは辞めよう…」

と思うでしょうか?

 

恐らく、そんな大学生はいないと思います。

 

ではなぜ、そう思わないんでしょうか?

 

それは、小学生・中学生に対しては、素人の自分であっても勉強を教えることができると思っているからです。

 

つまり、教える相手と自分との間に、知識・スキルの差があると感じているのです。

 

 

このことは、先生業でもまったく一緒です。

 

教える相手と自分との間に知識・スキルの差があれば、教えることはできます。

 

つまり相手から見れば、あなたは先生以外の何者でもないのです。

 

例えばあなたがセミナーや勉強会を開催したことがあるのであれば、まだそれをやったことがない人に対して、開催ノウハウを教えることができます。

 

例えばあなたが友人に無料でもいいのでサービスを提供したことがあるのであれば、まだそれをやったことがない人に対して、サービス提供ノウハウを教えることができるのです。

 

19歳のアルバイトの大学生でも、お客さんから先生と呼ばれているんですよ。

 

あなたも、それだけのスキル・ノウハウを持っているんだから、先生と呼ばれて何も問題ありません^^

 


タグ: 

カテゴリ:先生業のコツ 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ