伝えるべき3種類の実績


ネット集客が苦手な教室ビジネス起業家が、成約から逆算して顧客獲得するセミナー・体験会戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

お客さんから信頼を得るためにも、ライバルと差別化を図るためにも、自分の実績を伝えることはとても重要なことです。

 

今回は、実績の種類と、その中でどの実績を語れば一番効果が高いのかについてお伝えしたいと思います。

 

まず、実績には次の3種類があります。

 

1.自分の先生や学校の実績

2.自分の実績

3.自分のクライアントの実績

 

そして、伝えるにあたって効果的なものですが、結論から言うと、3が一番効果があり、次が2、最後が1です。

 

それぞれ順番に見ていきたいと思います。

 

 

まず1ですが、「自分の先生はこんな素晴らしい実績を出してます!」「自分はこんな有名な学校を卒業しています!」と言うことももちろん良いのですが、先生や学校の凄さを言われても、「じゃあそっちの先生から習いたいよ」と思ってしまいますよねf^_^;

 

次に2ですが、これは1よりも強いです。

 

先生や学校が凄いのみならず、そこでの教えを実践して自分が実際に成果を出しているんですからね。

 

しかし、その実績を聞いたお客さんは、「それはあなただから出来たんじゃないの?」とも思ってしまうのです。

 

例えば、東大に合格した人からその実績を語られても、「それはあなたの頭がもともと良かったからでしょ?」と思ってしまいますよね。

 

なので、一番強い実績は3になります。

 

自分のみならず、自分が教えた人も実績を出していれば、普通の人でもできる、再現性がある方法、ということの証明になるからです。

 

ビジネスを始めて初期の頃は、自分の実績やクライアントの実績はほとんどないかもしれませんが、ささいなことでも良いので、自分の実績、クライアントの実績を伝えるようにしてみてください。

 


タグ:

カテゴリ:教室ビジネス・先生業 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ