お金をもらうことに抵抗を感じる2つの理由


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

先生業としてサービスを提供し始めた方に時々見受けられる傾向として、「お金をもらうことに抵抗がある」ということがあります。

 

これまで会社員として会社から給料はもらっていたものの、自分で行動を起こして自力でお金を得た経験がないということが大きいと思います。

 

でもこれって、お客さんから直接お金を頂くか、会社を仲介して間接的にお客さんからお金を頂くかの違いだけですよね。

 

そう考えると、少しは抵抗が小さくなるかな、と思います。

 

しかしそれでも、お金をもらうことに抵抗がある人はいます。

 

この要因は様々です。

 

ここでは、お金をもらうことに抵抗を感じる大きな2つの原因についてお伝えします。

 

 

1つ目の原因として、お金に対するネガティブなイメージを持っている、ということが挙げられます。

 

このようなイメージがあれば、お金を受け取ることには当然抵抗が出てきます。

 

「お金は汚いもの」「お金を稼ぐことは卑しい」のようなネガティブなイメージがあれば、お金を無意識に遠ざけてしまうんですね。

 

このような場合は、お金に対するネガティブなイメージを書き換えることが必要です。

 

・なぜ自分はお金に対してネガティブなイメージを持っているのか?

・いつそのイメージは作られたのか?

・誰の影響からそのイメージを持つに至ったのか?

 

ということを、自分の過去を振り返ることを通して明らかにしていきます。

 

お金に対してネガティブなイメージを持つに至った原因が分かれば、解決策も出てきます。

 

 

次に、2つ目の原因として、自分のこの程度のスキルでお客さんからお金を頂くことは恐れ多い、申し訳ない、という気持ちがある、ということが挙げられます。

 

この気持ちはとてもよく分かります。

 

先生業として初めてお客さんにサービスを提供するのであれば尚更でしょう。

 

まだ実績や経験が乏しいため、自分のこの程度のスキルで…と自分を過小評価してしまうのは分かります。

 

しかし、ちょっと考えてみてください。

 

あなたのそのスキルは、一朝一夕に身につけたものでしょうか?

 

そんなことはなく、恐らく、長い年月、高いお金を投じて学び、身につけたものではないでしょうか?

 

そしてその学びを自分なりにまとめて、準備に準備を重ねてお客さんに提供する。

 

そのような商品が、数百円、数千円であるはずがありません。

 

あなたが思っている以上に、高い金額で提供して良いものです。

 

 

以上、お金をもらうことに抵抗を感じる大きな2つの原因についてお伝えしました。

 

ぜひ、お金を受け取ることに対するブロックを取り除いて、良い商品を提供することにより、その対価としてお金を受け取っていきましょう^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ