【先生業版】早く行きたければ一人で進め、遠くまで行きたければ皆で進め


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

アフリカのことわざに、「早く行きたければ一人で進め、遠くまで行きたければ皆で進め」というものがあります。

 

この意味を簡単に言うと、早く成果を出したければ一人で進み、大きな成果を出したければ人を巻き込んで進め、という意味です。

 

まさしくこれは真実で、一人であれば意思決定も早いので、早く成果にたどり着くことができます。

 

しかし一方、一人であれば、できることも限られています。

 

大きなことを成し遂げたい場合、他人の力が必要になるので、遠くまで行きたいのであれば皆で進む必要があるんですね。

 

 

そしてこのことは、先生業でも一緒です。

 

先生業として早く成果を出したいのであれば、一人で進めていけば大丈夫です。

 

SNSで発信したり、セミナーを開催したりなどは、数日もあればできるでしょう。

 

しかし、一人型ビジネスである先生業も、一人ではできることも限られています。

 

一人で、集客からセールスからサービス提供までやっていたら、時間が足りなくなるのは明白です。

 

そこで、皆の出番です。

 

先生業で最も効果のある集客方法は、ジョイントベンチャーです。

 

コンテンツを持っている先生業と、リストを持っているリストホルダーとで組んでビジネスをやる方法です。

 

ジョイントベンチャーを行うことにより、先生業の人は集客をリストホルダーに任せることができ、サービス提供に注力することができるようになります。

 

 

また、ジョイントベンチャーまではいかなくても、他人の力というのは本当に威力を発揮します。

 

僕もこれまでに、交流会に参加して初めて知り合った人と協力させて頂くことにより、セミナーに集客したりメルマガへの動線を作ったりしてきました。

 

色んなところで言われていますが、これからの時代は特に、人とのつながりやコミュニティの時代です。

 

孤軍奮闘がカッコいい、一人で成果を出すのが素晴らしい、という時代ではありません。

 

外出が自粛される中、より一層、人とのつながりが重視される世界です。

 

最初の一歩は一人の方が早く進めますが、ある程度のレベルになったりレベルを上げたいのであれば、皆が必要になります。

 

あなたが今属しているコミュニティや、つながりたいコミュニティは何か?をぜひ考えてみてください^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ