見込み客に問題意識を与えてはダメな理由


コーチング、カウンセラー複業・起業差別化戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

セミナーやセールスをする際に、お客さんの問題点を指摘して、「その問題を解決できる商品があります!」と、あなたの商品を紹介したくなりますが、そのような方法で見込み客に問題意識を与えるのはあまり好ましくありません。

 

なぜかと言うと、例えばあなたがまだそこまで親しくない人から、

「だからあなたは駄目なんです」

と近い感じのことを言われたら何と思うでしょうか?

 

恐らく、

 

「いやいや、あんたに俺の何が分かるって言うんだ」
「そもそも、そこまで親しくもないのに失礼な奴だな」

 

と思うことでしょう。

 

 

人は、あからさまに自分の問題点を指摘されると不快に思うものです。

 

そこで、問題意識を与えるのではなく、問題意識を引き出すことが大切です。

 

具体的には、

 

「そこまで売上が上がっていたら、何もお困りごとは無いんでしょうね」

「それほど仕事が充実していたら、特に会社に対して不満もないでしょう」

 

などのようなフレーズです。

 

 

このように問いかけると、不思議なことに、

「いやいや、実はそうでもないんですよ…」

と、本音を話し始めてくれます。

 

その内容こそが、引き出された問題意識なのです。

 

他人から「あなたの問題はこれです」と指摘されるのではなく、自分から自発的に問題点を喋っているので、

 

「ああ、やっぱり自分はこんなところに問題があるよな…」と、素直に問題点を認めてくれます。

 

 

問題意識を与えるのではなく、問題意識を引き出す。

 

信頼関係がまだあまり強くない段階でのセールスには特に大切なスタンスです(^^)

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

八田幸久

ワークライフミックス代表
■嫌い×不得意な仕事で鬱状態になり、県庁を退職。同じ思いをしている人たちを一人でも多く救いたいと思い、好き×得意で稼ぐ支援をスタート。
■「強みの分からない1000人」以上をサポートした経験と教員経験を活かしたティーチング×コーチングが「分かりやすく行動しやすい」と支持を得る。
■ミッションは、好き×得意で稼ぐ大人で溢れる社会、そんな大人を見て子どもが未来に夢と希望を描ける社会を創造すること。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ