理由を伝えて信じてもらう


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

今回は、見込み客の方が、こちらが言っていることを信じ、行動してくれるためのコツを一つお伝えしたいと思います。

 

それは、物事に理由を入れるということです。

 

例えば、なぜあなたがこの商品を作ったのか、なぜこの価格なのか、なぜ今申し込みをすべきなのか、などのようなことです。

 

これはホントに面白いことなのですが、僕たち人間って、理由があると、特に疑問を感じずに納得しちゃうんですよね。

 

 

とある海外の実験では、

 

コピーの順番待ちをしているところに割って入って、ただ単に

「コピーを先にとらせてください」

と言っても、なかなか前を譲ってもらえなかったのが、

 

「コピーを取らなければいけないので先にとらせてください」

と言うと、ほとんどの人が前を譲ったそうです。

 

これ、コピー待ちをしている人は全員がコピーを取る必要があるので、ちゃんとした理由にはなってないんですよね。

 

でも、多数の人が納得してしまう。

 

つまり、理由は何でも良いのですf^_^;

 

 

実際、お店でも、「雨が降っているので全商品20%OFF」などはよく見かけますよね。

 

これも、雨が降っていることと割引をすることには、明確な因果関係はありません。

 

でも、僕たちの多くが、そこには別に疑問は持たないですよね。

 

「ああ、雨が降ってるから安売りしてるのか」と思うのです。

 

 

なので、

 

・あなたがその商品を作った理由

・商品の価格の理由

・今申し込みをすべき理由

・限定している理由

・特典をつける理由

・保証をつける理由

 

などを、しっかりと見込み客の方に伝えるようにしてみてください。

 

逆に、この理由を伝えないと、見込み客の方は「なぜ」の部分が分からず、疑心暗鬼になってしまいます。

 

見込み客の方に信じてもらい、行動してもらうために、理由を伝えることを意識してみてください(^^)

 


タグ:  

カテゴリ:セールス 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ