理想の将来像を引き出して、高単価・高成約率を実現する


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・福業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

セミナーの次の段階などで行う個別相談の場で、セールスをするという先生業の方は多いと思います。

 

このセールスの場では、決してこちらが多くを喋るのではなく、見込み客の方に喋ってもらう必要があります。

 

では何を喋ってもらうかというと、見込み客の方が現在抱えている悩みと、将来手に入れたいもの、の2つです。

 

このうち、現在の悩みを引き出すのは、そんなに難しくありません。

 

「なぜ?」「具体的には?」「他には?」などの質問を投げかけることにより、見込み客の方はほぼ自動的に、今感じている悩みを喋ってくれます。

 

 

現在の悩みを見込み客の方が再認識するだけでも、あなたの商品を欲しいとは思ってもらえますが、まだそれだけでは不十分です。

 

もう一つの、自分がなりたい将来像を描かせることが不可欠なのです。

 

しかし、将来なりたい姿は、現在の悩みと違って、見込み客の方から自動的に喋ってくれることはあまりありません。

 

なので、こちらから、適切な質問を投げかける必要があります。

 

具体的には、「半年後(もしくは1年後)はどうなりたいですか?」という質問から始まり、「では5年後は?」「10年後は?」という具合に、より先の将来をイメージしてもらえるよう、質問をしていくのです。

 

より先の将来になりたい姿をイメージしてもらうことにより、そんな最高の将来像を実現してくれるであろう、あなたの商品に対する購買欲求は高まります。

 

 

また、より先の将来をイメージしてもらうことにより、商品の高額化も可能になります。

 

例えば、「とりあえずは月に10万円を稼いでみたい」と思っている人であれば、今、30万円の商品を購入することに対しては、躊躇してしまう人もいると思います。

 

しかし、「10年後には年収2000万円を達成したい」という将来の目標を引き出せたとしたら、「年収2000万円を稼ぎたいのであれば、今の30万円は高い投資でしょうか?」と投げかけることができるのです。

 

年収2000万円を稼ぐためであれば、今の30万円は決して高くはないはずですよね。

 

このように、見込み客の方の、より先の将来に手に入れたいことを引き出すことにより、高単価でかつ高い契約率が見込めるのです。

 


タグ:  

カテゴリ:セールス 

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ