教室の良さをセールスしない


ネット集客が苦手な教室ビジネス起業家が、成約から逆算して顧客獲得するセミナー・勉強会戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

教室型ビジネスをされている方であれば、自分の教室に誇りを持っている方が多いと思います。

 

それゆえ、見込み客の方にセールスをする際にも、教室の良さ、素晴らしさをアピールしたくなるかもしれません。

 

「私の教室はこんなところが凄いんですよ!」

「私の教室はこんなに綺麗で立地もいいんですよ!」

 

あなたも、このようなセールストークをしてないでしょうか?

 

しかしここで一つ、頭に入れておいて欲しいことがあります。

 

それは、見込み客の方は誰も、あなたの教室に行きたいとは思っていないということです。

 

これは何も、あなたの教室に興味がないという訳ではありません。

 

教室には興味があり、買う可能性もあるんだけど、あなたの教室に行きたい訳ではない。

 

分かりやすく説明するためにここでは、新幹線を例に挙げてみたいと思います。

 

 

東京から京都に新幹線で行く時、恐らく多くの人は、新幹線にそこまで興味はないと思います。

 

新幹線マニアな人などであれば別ですが、僕も、特に「新幹線に乗りたい」とは思っていません。

 

なぜかと言うと、新幹線というのは、東京から京都に移動するための手段に過ぎないからです。

 

なので、新幹線の会社、つまりJR東海などが、いくら新幹線の車内サービスをセールスしても、お客さんには響かないのです。

 

その証拠として、JR東海が車内サービスの良さを押している広告などは見たことがないはずです。

 

 

このことと同じように、あなたの見込み客の方は、自分の理想の姿になれることだけに興味があるのであって、それを実現する手段であるあなたの教室に行きたいとは特に思っていないのです。

 

極論、自宅にいながら理想の自分になれるんだったら、わざわざ外出してあなたの教室に行く必要はありませんからね。

 

なので、見込み客の方にセールスする際には、あなたの教室の素晴らしさをいくら喋ったところで、相手には響かないのです。

 

そうではなく、あなたの教室に通うことにより、見込み客の方が得られるベネフィットや将来なれる姿を伝えるのです。

 

そうすることにより、「そんな理想の自分になれる、あなたの教室に行きたい!」と思ってくれるようになるのです。

 

 

セールスする際は、教室の良さを語るのではなく、見込み客の方が得られる理想の未来を語る。

 

セールスには必須のマインドセットです。

 


セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ