売り込まないセールス


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

個別相談に来られた見込み客の方には、基本的に、自分の商品の紹介・セールスをすると思います。

 

しかし、紹介したものの、「考えます」「検討します」と言われることは決して少なくありません。

 

ここで、その言葉をそのまま受け止めて見込み客の方を帰してしまっては、ほぼ100%に近い確率で、その後契約に結びつくことはありません。

 

 

では、どのようなセールスが必要かと言うと、迷っている見込み客の方の背中を押してあげる一言を掛けることが大切になってきます。

 

見込み客が個別相談に来られたということは、あなたの商品・サービスに少なからず興味があるということ。

 

セールスまでに信頼関係を築くことができていれば、背中をひと押しするような言葉を掛けたからと言って、見込み客の方は押し売りだとは決して思いません。

 

 

僕もこれまで色んなセールスを受けてきましたが、契約を次々取るようなセールスが上手い人というのは、ほぼ例外なく、押しの一言を掛けてきます。

 

このことは恋愛でもそうです。

 

モテる男性というのはほぼ例外なく、押しが強いです。

 

ビジネスでも同様に、契約が欲しいのであれば、相手から「検討します」と言われたからと言って、そのまま引き下がるようなことはしません。

 

「やりましょうよ!」「成果出ますから!」と、見込み客の方の背中を押すことが大切なのです。

 

 

見込み客に嫌われたくないという気持ちから、ひと押しできない気持ちは分かりますが、迷っている人の背中を押すことも、先生業に求められる力の一つです。

 

決して押し売りをしているのではなく、価値あるあなたの商品を購入することにより、新しい自分を手に入れてもらう。

 

そう考えれば、ひと押しするのにも抵抗が少なくなるのではないでしょうか?

 

自分や自分の商品に自信を持って、見込み客の方の背中をそっと押すひと声をかけて、セールスを成功させていきましょう(^^)

 


タグ:

カテゴリ:セールス 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ