セールス成功に必要不可欠なマインドセット


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

先生業などの一人型ビジネスをされている方の中には、セールスが苦手な方も少なくないと思います。

 

僕も、昔はかなりセールスが苦手でした。

 

むしろ、嫌悪感さえ抱いてましたね。

 

しかし、セールスが苦手なままで、先生業として売上を出していくことはできません。

 

なので、セールスについてはかなり勉強しました。

 

何十万円もする教材を買ったり、セミナーや本でも勉強をしました。

 

そうやって勉強したり、セールスが得意な人と交流することを通して、セールスが得意な人・売れている人にはある共通点があることに気が付いたんですね。

 

それは、

売れている人は、セールスという行為をごく普通に行なっている

ということです。

 

 

昔の僕を含めて恐らく多くの人が、セールスに対して何らかのネガティブなイメージを持っています。

 

なので、普段の生活で、セールスの話を避けようとします。

 

例えば、会話の中で、ある人がちょっと自分の商品の紹介をしただけで、「セールスが始まったよ…」と思う人は多いのではないでしょうか?

 

僕も昔はそう思うタイプの人間でした。

 

しかし、売れている人というのは、自分の商品を紹介する、セールスするということに、全く抵抗を感じていないのです。

 

むしろ、良い商品だから、紹介したい、セールスしたいという想いで行動しているのです。

 

でもこのことって、冷静に考えると、全然特別なことではないんですね。

 

例えばあなたも、自分が良いと思った本や映画があれば、普通に友達に紹介したり薦めたりしますよね。

 

それと一緒なんです。

 

自分が良いと思っている商品だから、友達に紹介したり薦めたりしているだけなのです。

 

 

よく、ビジネスと恋愛は似ていると言われますが、恋愛でも、モテる人というのは、モテるから、異性を口説けるのではありません。

 

多くの異性を口説いているから、モテる(恋人ができる)のです。

 

もちろん、口説いたら嫌われる可能性もあります。

 

でもそのリスクを恐れていたら、いつまで経っても恋人はできませんよね。

 

ビジネスでも一緒で、売れているから、セールスができるようになるのではありません。

 

セールスを普段から多くやっているから、売れるようになるのです。

 

セールスの話をしたら、嫌われる可能性もあります。

 

でも売れている人は、そんなことは全く恐れていないんですね。

 

 

自分が良いと思っている商品だから、人に薦める。

 

もちろん、人の好き嫌いは様々なので、全員があなたの商品に興味を示す訳ではありません。

 

紹介してみて、興味を持ってくれた人にだけ、セールスすれば良いのです。

 

以上のことが、セールスについて学んでいく中で発見した、セールスが得意な人・売れている人に共通したマインドセットです。

 


タグ:

カテゴリ:セールス 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ