セールスで断られた時の対処法


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

セールスにおけるクロージングの場面で、相手から「買いません」という返答をもらうと、正直ショックですよね。

 

それまで一生懸命商品の説明をして、相手も納得してくれた。

 

そしていざクロージングをかけると、予想外にも相手から拒絶の返答。。

 

もしかしたら、そこで頭が真っ白になってしまうかもしません。

 

かく言う僕も昔は、自信満々にクロージングをかけたものの、予想外に相手から「要りません」という返事をもらい、次の言葉が出てこなかったことがあります。

 

商品を買うかどうかを決めるのは最終的にはお客さんなので、そのお客さんの結論を変えることは基本的にはできません。

 

しかし、断られたからと言って、すぐに「はい、サヨナラ」ではもったいなさすぎます。

 

せっかく時間を取って、お客さんにセールスをしたのです。

 

この時間・経験を、少しでも今後の先生業の成果に繋げていきたいですよね。

 

 

そこで、断られてからの対応として、一つに、紹介を依頼する、というものがあります。

 

「お知り合いに、僕の商品に興味のある人はいませんか?」と、他の人の紹介を頼んでみるのです。

 

相手はセールスを断った直後ですので、人間の特性として、続けて提案を断ることは気が引けます。

 

知り合いを紹介してくれる可能性は充分にあるのです。

 

 

他にも、あなたの商品の改善点を聞いてみるというのも有効です。

 

「どのような商品の内容であれば、購入しようと思いますか?」と聞いてみるのです。

 

それに対する返答を受けて、あなたの商品をブラッシュアップすれば良いのです。

 

 

仮にセールスを断られても、紹介を依頼したり、改善点を聞いて学びの機会にする。

 

一つひとつのセールスを無駄にすることなく、契約や学びに変えていきましょう^^

 


タグ:  

カテゴリ:セールス 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ