セールスでも目標達成でも一緒!現実と理想のギャップを明らかにする


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

目標達成のコツとセールスには、共通している考え方があります。

 

それは、現状と将来ありたいゴールを明確にする、ということです。

 

目標を達成しようという時には、まず、今の自分の現状を把握する必要があります。

 

そしてその上で、なりたい姿、目標を設定します。

 

そうすることにより、現状と将来にギャップがあることに気づきます。

 

あとは、そのギャップを埋める方法を考えて、実行すればOKです。

 

一方、セールスでも一緒で、まずは目の前の方に、現状をしっかりと認識してもらいます。

 

行動しているけど成果が出ていない、そもそも行動できていない、などです。

 

そして、将来なりたい姿、ありたい姿を具体的に描いてもらいます。

 

セミナーを開催して満席にしたい、月に30万円稼ぎたい、などです。

 

そうすれば、現状と将来にギャップがあることが見えてきます。

 

そして、そのギャップを解決できるのがこの商品なんですと、自分の商品を紹介するという流れになります。

 

人は、現状と理想のギャップに気がつくと、そのギャップを埋めたい、と感じます。

 

これが、目標達成とセールスで共通している部分なんですね。

 

 

そしてここで一つ、注意点があります。

 

それは、大きいギャップだけではなく、小さなギャップも見せてあげる、ということです。

 

あなたも経験があるかもしれませんが、目標達成でも、将来の理想像が現実とあまりにもかけ離れていたら、モチベーションも上がらないと思います。

 

現状で1円も自力で稼げていないのに、年1000万円稼ぐという目標を立てても、現実味が湧かず、やってみよう!という気も起りづらいでしょう。

 

なので、大きなギャップだけではなく、小さなギャップを用意してあげることが必要です。

 

目標達成であれば、頑張れば何とか達成できるかな…というレベルです。

 

現状で1円も稼げていないのであれば、まずは月に5万円、10万円というレベルでしょう。

 

セールスでもまったく一緒で、大きなギャップを見せることも必要ですが、それだけだと、「とても自分には無理そう…」となってしまいかねません。

 

小さいギャップやゴールを見せてあげることにより、「自分にもできそう!」と思ってもらうことが大切になります。

 

現に、セールスで断られる理由で多いものとして、「自分にもできる自信がない」というものがありますからね。

 

 

以上をまとめると、目標達成でもセールスでも、現状と理想を具体的にして、そのギャップを認識する。認識してもらう。

 

そして、大きなギャップだけでなく小さなギャップも用意することにより、自分にもできそう!と自信をもってもらう。

 

ぜひ、自分の目標達成やセールスの場面で使ってみてください^^

 


タグ:  

カテゴリ:セールス 

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ