「セールスして断られるのが怖い…」という方へ


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

セールスが苦手、という先生業志望の方は多いと思います。

 

僕も昔は、セールスが大の苦手でした。

 

しかし、先生業で複業をするからには、セールスから逃げることはできません。

 

ゼロイチ突破のためには特に、セールスの力は大事です。

 

セールスを苦手に感じる理由は様々ですが、その中でも一位二位を争うものに、断られるのが怖い、ということがあります。

 

その気持ちはとてもよく分かります。

 

誰だって、自分の商品を勧めて断られたら、いい気分にはならないでしょう。

 

断られたら傷つく、格好悪い、気まずい雰囲気になる、などの理由で、セールスにブレーキをかけてしまいます。

 

 

しかしここであなたに、一つの事実をお伝えします。

 

それは、売れている起業家でも、セールスして100%契約を取れる訳ではない、という事実です。

 

僕も色んな起業家の方を知っていますが、年商1000万円を超えている方でも、セールスの成約率は50%程度、という方は決して少なくありません。

 

つまり、セールスしても半分は失敗しているんです。

 

 

他業種で例を挙げると、プロの野球選手の打率は、3割いけば良い方です。

 

つまり、10回中7回はアウトになってるんです。

 

それでも、打席に立ち続けてますよね。

 

他には、街中でビラを配っているバイトの方がいます。

 

あなたもよく見かけると思います。

 

しかし通行人の多くは、ビラを受け取りません。

 

率にしたら、1割ももらってもらえないでしょう。

 

それでも、1日に何時間と、通行人に声をかけてビラを配られています。

 

他にも、レストランで、コーヒーのお替り自由なお店があります。

 

そこではウエイトレスの方が、「お替りいかがですか?」と声をかけています。

 

そこで、お客さんからお替りを断られたからと言って、

 

「このコーヒーは美味しくないから売れないんだ…」

「自分の声がけが下手だから断られるんだ…」

 

なんて思って働いているでしょうか?

 

もちろんそんなことはありませんよね。

 

たまたまお客さんがお腹いっぱいだったり、今はお喋りに集中したかっただけなのかもしれないのです。

 

 

これらのことからも分かるように、断られる確率を知ったり、断られる理由を理解しておくことはとても大切です。

 

複業でのセールスでも、初心者であれば特に、成功確率は50%を下回ることも充分あり得ます。

 

セールスをしても断られる確率の方が高い、と分かっていれば、少しは余裕をもってセールスに臨めるのではないでしょうか?

 

また、断られても、だからと言って、あなたが悪い、あなたの商品が悪い、という訳ではないということです。

 

相手の方がその時はたまたま必要としていなかっただけかもしれないのです。

 

場数が必要な時もありますが、必要以上に気負うことなく、セールスに臨んでいきましょう^^

 


タグ: 

カテゴリ:セールス 

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ