「なぜ?」を伝えて契約を獲得する


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

プレゼンやセミナーで商品を紹介する際に伝えるべき主なものに、「what」「how」「why」があります。

 

つまり、何をやるのか、どのようにやるのか、なぜやるのか、ということです。

 

そして、「whyから始めよ」という書籍もあるように、何をやるのか、どのようにやるのかも重要ですが、一番大切なのは、「なぜ」やるのかを伝える、ということです。

 

この、物事を行う理由が分からないと、人は納得せず、行動を起こさないか、起こしても反発します。

 

 

例えばあなたも経験があるかもしれませんが、学校の校則がその良い例です。

 

学校の校則は厳しい割に、なぜそんなルールになっているのかが分からないものが沢山ありますよね。

 

僕も中学校時代、ベルトが一般的なものより細いということで、担任の先生から「そのベルトは違反だ」と言われたことがあります。

 

ベルトの色に指定はあったけど、幅の指定はなかったので、担任の先生に「なぜ僕のベルトは違反なんですか?」と聞きましたが、明確な答えは返ってきませんでした。

 

この一件で、僕の、担任の先生に対する信頼度は確実に落ちました。

 

 

このように、人間は、なぜ?という理由が分からないと、納得しないし、なかなか行動しません。

 

仕事でもそうです。

 

なぜこの作業が必要なのか?が分からないと、その作業をする意味が分からず、やる気も出ないし、真面目にその作業に取り組もうとは思いませんよね。

 

しかし、この作業が次のこの仕事に繋がるから大事な業務なんだ、と言われれば、その作業に真剣に取り組む可能性がグンと高まります。

 

 

上記のことは、あなたが先生業としてセミナーなどを開催する際も同様です。

 

・なぜ見込み客の方にその商品が必要なのか?

・なぜあなたから買うべきなのか?

・なぜ今買うべきなのか?

 

という理由を伝えることにより、見込み客の方は納得し、商品を購入するという行動を取ります。

 

しかし、「なぜ?」の部分を明確にせずに、何を行うべきなのか、どのように行うべきなのかを説明しても、見込み客の方は行動には移してくれません。

 

物事を行う理由をキチンと伝えて、見込み客の方を行動に導いて差し上げましょう^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ