複業の目標を達成する毎日のコツ


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

目標を達成する秘訣。

 

恐らく多くの方が興味のあることだと思います。

 

それには色んな要素がありますが、その中の一つに、一つのことを自分が決めたペースで継続する、というものがあります。

 

正直、地味です(笑)

 

けどこれが深いんですよね。

 

 

昔、北極か南極かを目指して、とある2つのチームが挑戦したらしいんです。

 

で、一つのチームは、天気が良い日は進める限り進んで、雨などコンディションが悪い日は、歩き進めるのをやめる、という作戦で目的地を目指していったんですね。

 

一方、もう一つのチームは、天候やコンディションに関係なく、一日に進む距離を決めて、それを淡々とこなしていったらしいんです。

 

さて、この2つのチーム、どちらが早く目的地に到達したと思いますか?

 

答えは、後者のチームです。

 

と言うか、前者のチームはあろうことか、進んでいる途中でチーム全員が亡くなってしまったらしいんですね。。

 

もしかすると、前者のチームの方が、早く目的地に到達できそう、と思われた方もいると思います。

 

コンディションの良い日は進めるだけ進むし、コンディションの悪い日は進まない。

 

一見すると、合理的な進み方とも見えますよね。

 

しかし、人間の意志はそう強くありません。

 

コンディションの良い日に貯金して進むと、コンディションが悪い日には、「昨日頑張って進んだから、今日は進まなくてもいいよね~」となります。

 

その後も、ちょっとでも悪い状況になれば、「あの日頑張ったから今日はこれくらいでいいよね。。」となっていくんですね。

 

そうやって、計画はどんどん狂い、しまいには目的を達成できなくなってしまうのです。

 

一方、コンディションに関わらず、一日に進む距離を決めているチームは強いです。

 

コンディションに左右されず、一日のタスクが決まってるんですからね。

 

コンディションが良くても悪くても、一日のタスクを淡々とこなすだけ。

 

こうすることのメリットは、毎日コンスタントに進めるということもありますが、他にもあります。

 

それは、毎日、「今日はどれくらい進もうか?」と考える必要がない、ということです。

 

人間は、物事を決める時に莫大なエネルギーを使います。

 

毎日、「今日はどれくらい進もうか?」と考えるだけで、エネルギーと時間をかなり消費してるんですね。

 

一方、一日に進む距離が決まっていれば、あとはそれを実行するだけです。

 

そこに無駄なエネルギーや時間を消費していません。

 

 

ちなみに僕も、大学受験や公務員試験の時には、一日の目標を決めて、それを淡々とこなす方法をとっていました。

 

コンディションが良い時も悪い時も、一日のタスクを淡々とこなす。

 

そうすることにより、当初の計画通りに問題集を終わらせることができて、志望大学や志望自治体に受かることができています。

 

ぜひあなたも、複業に関する一日の目標やタスクを決めて、それを淡々とこなしてみてください^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ