ピンチをモチベーションにする


ロジック苦手な教室ビジネス起業家が、成約から逆算して顧客獲得するセミナー・説明会戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

ピンチはチャンス。

 

恐らくほとんどの人が一度は聞いたことがあるフレーズだと思います。

 

このことは、起業や複業でも大いに当てはまります。

 

多くの起業家が、過去、大きなピンチを経験しています。

 

鬱になった、貯金が底をついた、大きな借金を抱えた、倒産した、東京から実家に戻った、などです。

 

そしてそれらのピンチをチャンスに変えて、成功を収めているのです。

 

僕もこれまでに適応障害になったり、詐欺まがいの事件に巻き込まれて大金を失ったりしてきましたが、一つ言えるのは、ピンチは、人間を動かす大きな動機になる、ということです。

 

 

人間は誰でも、現状を維持しようとします。

 

例え現状がそこまで良くなくても、です。

 

会社に不満を言いながらも、転職せずにその会社に居続ける人がいるのはそのためです。

 

現状を捨てて新しい環境に変化させるのが怖いんですね。

 

しかし、ピンチが起これば、現状を変えざるを得なくなります。

 

例えば、仕事が原因で鬱になったら、多くの人がその仕事を辞め、転職するなりするでしょう。

 

つまり、鬱というピンチが、これまで考えてもいなかったような新しい仕事に転職するというチャンスになるのです。

 

 

複業や起業してビジネスをしていると、ピンチが突然やってきます。

 

ブログが削除された、検索圏外に飛ばされたというものから、不況になって教室からお客さんが激減した、ということもあるかもしれません。

 

お客さんが減ったり売上が減ったりしたら、確かにその時はピンチだ!と感じるでしょう。

 

しかしそれは同時に、新たなビジネスモデルを考えるキッカケになるはずです。

 

更に、少しきつい言い方になるかもしれませんが、そうやって今回ピンチに陥ったのは、あなたのせいでもあるのです。

 

もちろん、予想不可能な天災などであれば、100%はあなたの責任ではないでしょう。

 

しかし、今起こっていることを想定して対策を立てていなかったから、ピンチに陥ったのです。

 

前述したブログの件であれば、例えば、無料ブログ一本に依存していたから、限られたSEO戦略に依存していたから、ピンチを招いたのかもしれません。

 

教室の件であれば、リアルでの集客・サービス提供に依存していたから、ピンチを招いたのかもしれません。

 

駅の啓発ポスターに、「お酒がその人を悪くするのではない。お酒によって、その人の悪いところが表に出るのだ。」のようなものがありますが、その通りだと思います。

 

ピンチがその人を悪くするのではありません。

 

ピンチによって、その人の足りてないところが表に出てくるのです。

 

 

ビジネスをしていると色んなピンチがやってきますが、それは、それまでのビジネスモデルや自分を見直すいいキッカケです。

 

ぜひ、ピンチを大きなチャンスに変えていきましょう!

 


タグ:

カテゴリ:モチベーション 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ