複業を「頑張る」の基準


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・福業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

僕は中学校までは、学校の成績が良い方でした。

 

でも決して天才であった訳ではありません。

 

ほぼ毎日、自宅で勉強を頑張ったから、良い成績を取ることができていたのです。

 

平日は学校の授業の予習・復習を行い、休日は自分で買った参考書の問題を解いていました。

 

毎日自宅で数時間勉強をする。

 

僕の「頑張る」の基準は、このレベルだったのです。

 

 

しかし、学校の先生になって多くの生徒と接するようになると、「頑張る」の基準は人それぞれなのだなということに気づきました。

 

子どもによっては、50分間の授業を寝ずに問題を解き続けただけで、「今日はよく頑張った」と言う生徒もいます。

 

定期テスト直前に、一日だけ夜遅くまで勉強しただけで、「今回のテスト勉強は頑張った」と言う生徒もいるのです。

 

テスト前のみならず普段から毎日勉強していた僕からすると、上記のようなものは「頑張った」に入りません。

 

つまり何が言いたいかと言うと、成果が出る人というのは、「頑張る」の基準が高いのです。

 

 

このことは、複業でも一緒です。

 

一日に30分、複業の準備や活動をして、「頑張った」と言う人もいます。

 

一方で、一日に3時間を上記のものに費やしても、「まだまだ足りない」と言う人もいるのです。

 

どちらの人が成果が出やすいでしょうか?

 

答えは明らかですよね。

 

まあでも現実問題として、本業が遅くまであり、「そんなに複業の時間を確保できない」という人も当然いると思います。

 

そのような人は、これまでに一日に30分を費やしていたら、それを45分、50分と取れないか?ということを考えてみてください。

 

世の中で成果を出している人というのは、例外なく、「頑張る」の基準が高いです。

 

ぜひ、高い基準で頑張っていきましょう!

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ