複業もready fire aim!


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

「ready fire aim」

この言葉を知ってますでしょうか?

 

起業やビジネスの世界で言われることですが、複業を行うにあたっても、この言葉は大切です。

 

この言葉は、ビジネスを行う順番を表したものです。

 

readyは「準備」、fireは「打つ」、aimは「狙う」という意味なので、全体の意味は、「準備する→打つ→狙う」という順番でビジネスを行うのが良い、ということになります。

 

ここでのポイントは、「ready aim fire」ではないということです。

 

準備したら、狙うのではなく、まず打ってみるということです。

 

このことは、自衛隊などで実際に銃を打つ時でも一緒らしいです。

 

銃を構えて、狙いを定めるのではなくて、まず撃ってみる。

 

その時々によって、風向きなどの環境は様々です。

 

撃ってみた感触から、狙いを定めて調整をしていくんですね。

 

 

複業でも一緒で、ある程度準備ができたら、売ってみることが大切です。

 

しかし多くの人は、売ってみる前に、狙いを定めにいきます。

 

どの人に売ろうかと考えたり、どんな商品にしようかと商品を作り込んだり、どの集客媒体を使おうかと調べたり。

 

そうやって、「売る」という行動をなかなか起こさないのです。

 

しかし当たり前ですが、売ってみようとしないことには、売上は上がりません。

 

お客さんの反応も分かりません。

 

世の中のニーズも分かりません。

 

準備をして狙いを定めて満を持して売りに出したけど、ニーズがなくてまったく売れなかった…ということは本当によく起きています。

 

実際に売ってみないことには、狙いを定めようがないんですよね。

 

僕が複業で成果を出せたり人から褒められるのは、この「ready fire aim」を実行してきたからです。

 

ある程度準備ができたら、必要以上に考えずに売りに出してきました。

 

正直、出してみて売れなかったこともあります。

 

その時は、別の狙いを定めて、商品を出し直せばいいんです。

 

 

ready fire aim.

準備をして、売ってみて、狙いを定める。

 

このことを意識して行動することにより、複業で早く成果を出せるようになります^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ