楽天的現実主義者だけが、複業で成果を出せる


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

複業で成果を出すためには、日々どんなマインドで行動すれば良いのか?ということに興味のある方も多いと思います。

 

もちろん、ポジティブでいることは大切です。

 

しかし実は、いつもポジティブ、いつも楽天的なマインドでは、上手くいかないんです。

 

複業で上手くいく人、売上を上げることができる人というのは、「楽天的現実主義者」なんですね。

 

楽天的現実主義者という言葉を初めて聞いた方も多いと思うので、以下、具体例を挙げながら説明します。

 

 

まず、未来や目標は、楽天的に考えることが大切です。

 

「自分は出来るんだ!」と信じて、可能な範囲で大きな目標を掲げます。

 

そのようにして目標は楽天的に考えるのですが、その理想像に至るまでのプロセスは、現実的に考えるんです。

 

「大きな目標を掲げたはいいけど、そんなに簡単に達成できるものではない」

「途中、失敗はあるし、上手くいかないことも当然ある」

 

と、冷めたくらいに現実的に、ネガティブなことも予想して計画を立てて、日々の活動に取り組んでいくんです。

 

この、ポジティブとネガティブ、楽天と現実のバランスを取ることが、成果を出す秘訣なんですね。

 

 

このことは、子どもの頃の受験勉強でも一緒です。

 

僕は、元々才能があって成績が良かった訳ではなく、努力によって成績が良かったタイプでした。

 

小さいながらも成功体験があったため、勉強すれば志望校に合格することができそう!という自信はありました。

 

しかし、受験生になると、自分以外の周りも同じように頑張るため、そう簡単には偏差値は上がらないだろう、という現実も見ていたんですね。

 

なので、自分のこれまでの成功体験にあぐらをかくのではなく、現実に起こりうるトラブルや失敗を想定して、日々の学習計画を立てて勉強していました。

 

そうすることにより、適宜計画を修正しながらも一つひとつの目標をクリアしていき、志望校に合格することができたんですね。

 

これが、楽天主義だけで現実を見ていない、ポジティブ思考ばかりでネガティブ思考がないと、油断します。

 

「自分にはできる!」と自信だけある状態で、日々の勉強をおこたったり、失敗を想定しないんですね。

 

高校で数学を教えていた時にも、そのような生徒は決して少なくありませんでした。

 

自分に自信があるのはいいのですが、現実を見ていない。

 

成績を上げるのは簡単、と思っているんです。

 

現実はそんなに甘くないんですけどねf^_^;

 

 

改めてポイントをお伝えします。

 

複業で売上を上げるためには、目標や未来は楽天的に考えるけれども、そこに至るプロセスは現実的に考えて、計画を立てて実行する。

 

これが、成果を出すための重要なマインドです^^

 


タグ:   

カテゴリ:マインドセット 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ