引き寄せの法則と目標達成の関係


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

目標を達成するコツは、紙に書くこと。

 

あなたもどこかで聞いたことがあると思います。

 

「紙に書いただけで目標が達成されるんだったら苦労はしないよ」と思う方もいるかもしれませんが、実はこれ、脳科学に基づいた事実なのです。

 

人間の脳には特長があって、僕たちは、目に見えるものを見ていると思いがちですが、実はそうではありません。

 

人は、目に見えるものを見ているのではなく、見たいものを見ているのです。

 

 

例えばあなたもこんな経験がないでしょうか?

 

腕時計が欲しいと思うようになったら、街中にある時計屋がいつもに増して目につくようになった。

 

旅行に行きたいと思うようになったら、旅行代理店や旅行のパンフレットがいつも以上に目に入るようになった、ということが。

 

これは何も、一夜にして街中に時計屋や旅行代理店が増えた訳ではありません。

 

あなたがそれに意識を向けたから、今まで見えていなかったものが見えるようになったのです。

 

 

このことを応用させると、達成したい目標を紙に書くことは、とても効果があります。

 

紙に書いて視覚化することにより、自分の意識をそれに向けることができます。

 

ベストなのは、書いた紙を毎日見ることです。

 

そうすることにより、毎日意識を向けることができます。

 

結果、日々生活している中で、目標達成へのヒントが目に入るようになってくるんですね。

 

乗った電車のつり革広告にヒントを見つけたり、購読しているメルマガの一文にヒントを見つけたり。

 

そんなことが本当に起こります。

 

世間では「引き寄せの法則」とか言われることもありますが、今見てきたように、実は、脳科学に基づいた現象だったのです。

 

実際に僕も同じようなことは経験しているため、目標は紙や手帳に書いて、毎日見返しています。

 

一年の目標を正月に立てる人は多いですが、その目標を達成できるのはほんの一握りです。

 

そうなってしまう原因の一位は、そもそも立てた目標を忘れるから、ということらしいです。

 

正月に目標を立てても、それを見返さなければ、当然、忘れてしまいますよね。

 

忘れてしまえば、意識が向くことはありません。

 

意識が向かなければ、日常に存在している、目標達成のヒントとなる現象も目に入らなくなるんですね。

 

 

人は、目に見えるものを見るのではなく、見たいものを見る。

 

見たいもの・達成したいものを明確にして、目標を達成していきましょう^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ