守守守守守守守守破離


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

「守破離」という言葉を知ってますか?

 

「守破離」とは、剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

 

とあります。(デジタル大辞泉より)

 

このことは、道に限らず、ビジネスでも同様です。

 

まずは、一人の師匠や一つの流派を決めて、その人・流派の教えやアドバイスを忠実に守り、型を身につけることから始まります。

 

そして型が身につけば、「守」から「破」、「離」と進み、自分のオリジナルへと進化していきます。

 

 

この「守破離」という言葉と意味を知っている人はいるのですが、中には、物事を修業するためには、守破離を1:1:1の割合で行えば良い、と理解している人もいると思います。

 

しかし、色々経験してきて分かったことは、割合は1:1:1ではなく、8:1:1くらいの比率ではないかということです。

 

つまり、「守守守守守守守守破離」みたいなイメージです。

 

他の流派を取り入れたり独自のものを入れる「破」・「離」は、本当に最終段階です。

 

一つの流派の型を「守」り抜けば、それだけで充分に成果は出ます。

 

逆に、一つの型を守らず、色んな流派を混ぜ合わせたり、自己流でやっても、まず成果は出ません。

 

「守破離」ではなく、「守守守守守守守守破離」。

 

まずは、一人の師匠、一つの流派の型を忠実に守り、確実に身につけることです。

 


タグ: 

カテゴリ:マインドセット 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ