ブログを継続させるコツ


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

ブログを始めたけど、結局途中で書かなくなってしまった…という苦い経験がある方も多いと思います。

 

そこで今回は、アフィリエイトでお金を得ていた僕の経験も基にして、継続できるブログの書き方をお伝えしたいと思います。

 

 

僕が最初にブログを始めたのは20代の頃で、アメブロから始めました。

 

最初は、職場での出来事やプライベートなことなど、他愛もない内容を書いていました。

 

やはり、ブログ初心者の方については、書く習慣を身につけることが何よりも大切です。

 

真面目な内容を書かなくちゃいけない…と意気込んでいると、なかなかキーボードを打てなくなります。

 

最初は誰もあなたのブログなんて読んでないので、気楽に、自分の書きやすいテーマで書いて、書く習慣を身につけることの方が先決です。

 

 

 

その後、僕は昔からお金を稼ぐことに興味があったので、副業としてアフィリエイトに興味を持ちます。

 

アフィリエイトの情報商材を数万円払って購入し、結構真面目に取り組みましたね。

 

一時期は、複数のサイトを所有して1日に複数回更新していました。

 

そんな努力の甲斐もあり、ひと月に数万円を稼ぐ時もありました。

 

ここまでなるためには、ブログを書くということを仕組み化しなければなりません。

 

そのためのポイントは幾つかありますが、ここではその中の何個かを紹介したいと思います。

 

 

 

まずは、

ブログのネタになることは何かないか?と、常にアンテナを張っておく

ということです。

 

ブログが継続できない理由の一つとして、書くネタがない…ということが挙げられます。

 

しかし、日々生活していれば、何かしらブログのテーマに合ったネタはあるものです。

 

要は、自分がアンテナを張ってるか張ってないかの違いです。

 

同じ現象でも、意識して見れば、ネタは豊富に転がっています。

 

 

 

また、

出来れば決まった時間にブログを立ち上げる

というのも効果的です。

 

思い出した時にブログを書こうなんて思ってると、忘れる日が必ず出てきます。

 

決めた時間にブログ投稿画面を立ち上げる習慣がつくと、必然的に毎日書けるようになります。

 

物事を始める時というのは最初の一歩が一番力を要するので、ブログを立ち上げるだけでも、最初の一歩はクリアしたことになります。

 

 

 

他にも、

途中で修正するのではなく、一気に書き上げる

というのもポイントです。

 

少なくない人が、書いては修正し、書いては修正し…という感じでブログを書いているので、全体を書き終えるまでに多大な時間を要しています。

 

そうではなく、最初は誤字脱字など気にせずに一気に書く。

 

そうやって最後まで一通り書いてから、じっくりと加筆修正していけば、全体ではかなりの時間短縮になります。

 

 

以上のようなポイントを気にしつつ、ブログを書くということを継続してもらえたらなと思います(^^)

 


タグ:  

カテゴリ:マインドセット 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ