「高い目標を持て!」目標設定の落とし穴


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

「目標を高く持て!」とは、あなたもどこかで聞いたことがあると思います。

 

目標を高く持つ。

 

確かに、低い目標よりも高い目標の方が、自分もワクワクするし、人に言う時もカッコいいです。

 

「年収1000万円を目指す!」よりも「年収1億円を目指す!」の方が、自分の気持ちも上がりそうだし、人のウケも良さそうですよね。

 

 

しかし、ちょっと冷静になってみてください。

 

あなたが例えば今会社員で、年収500万円くらいだとすると、年収1億円の自分ってイメージできますか?

 

恐らく多くの人が、自分が年収1億円を稼いでいる姿は想像できないと思います。

 

ここに、「目標を高く持て!」の落とし穴があるのです。

 

 

最終目標を高く持つのは悪いことではありません。

 

しかしそれに加えて、とりあえず自分が届きそうな目標も設定する必要があるのです。

 

例えば、子どもの頃の受験勉強でも、偏差値40の人が東大に合格するという目標を設定しても、ほぼ失敗します。

 

なぜなら、今の自分と目標とが離れすぎていて、目標を達成した自分を想像できないからです。

 

ナポレオン・ヒルの著書に「思考は現実化する」というものがありますが、裏を返すと、自分が思考できない・想像できないものは、決して現実化しないのです。

 

なので、自分が想像できる、頑張れば達成できそう…という、決して高くはない目標を設定する必要があるのです。

 

そうすることにより、やる気が高まり、目標達成に向けた行動を継続することができるようになります。

 

例えば、これから複業で稼いでみたいという人の場合は、自分が想像できる、月数万円を稼ぐ、月数千円を稼ぐ、というレベルから考えてみてください。

 

そして、それを達成するためにはどんな行動が必要か?という目的達成のための手段を探して実際に行動に移すことにより、自分の思考や想像が現実のものとなっていきます。

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ