準備が100%終わるのはいつ?


コーチング、カウンセラー複業・起業差別化戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

「複業や起業の準備に時間や手間がかかり、なかなか具体的な一歩が踏み出せない…」

 

よく聞くお悩みの一つです。

 

確かに、複業や起業が初めての経験であれば、失敗しないように周到な準備をした上で行動したいですよね。

 

 

 

しかし、ここで一つ考えて頂きたいのですが、複業・起業の準備が終わるのって、一体いつなんでしょうか?

 

ポジショニングも決めなきゃいけない、

ブランディングもしなきゃいけない、
マーケティングも仕組み化しないといけない、
セールスも勉強しなきゃいけない、
クロージングもこなせるようにならなきゃいけない、
おっと、ポジショニングがまだこれじゃ不十分、もっと詰めないと…

 

という感じで、完璧に準備をしてから行動しようと思っていたら、恐らく、というか絶対、いつまで経っても複業・起業できないでしょう。

 

 

 

僕の好きなエピソードに、創業当時のドミノピザの話があります。

 

ドミノピザは、アメリカで創業者2人で始まったお店ですが、

 

「30分以内にアツアツのピザをお届けします。遅れたら無料にします。」

 

ということをウリにしてサービスを開始しました。

 

 

 

今でこそ30分以内というのは業界では当たり前ですが、当時は、配達に30分以上かかり、家に到着したピザは冷めてカチカチというのが、宅配ピザ業界では普通でした。

 

そこを、30分以内でアツアツのピザを届けると宣言して乗り込んだドミノピザ。

 

しかし、サービスを開始した当時、30分以内で配達できるエリアを計算していなかったのだそうです。

 

そんなもんだから、注文を受けたはいいものの、30分で配達できず、ピザを無料にする事態が続きます。

 

そこで、これはいかんと創業者の2人は思い、30分で配達可能なエリアを初めて計算したとのことです。

 

 

 

このエピソードが何を物語っているかというと、ある程度の準備が出来たらさっさと始めてしまうことの大切さだと思っています。

 

3割くらいの準備が整えば、GOサインを出してもいいくらいだと思います。

 

そして、問題は起きてから考える。

 

公務員みたいに、問題が起こらないように、想定されるリスクを洗い出してそれに全て対処してから始めるなんてことをしていたら、ドミノピザはまだ世の中に生まれていなかったかもしれません。

 

 

 

100%準備が終わるなんてあり得ないこと。

 

30%準備が終わればさっさと試してみて、改善を繰り返しながら100%を目指していけばいいのです。

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

八田幸久

ワークライフミックス代表
■嫌い×不得意な仕事で鬱状態になり、県庁を退職。同じ思いをしている人たちを一人でも多く救いたいと思い、好き×得意で稼ぐ支援をスタート。
■「強みの分からない1000人」以上をサポートした経験と教員経験を活かしたティーチング×コーチングが「分かりやすく行動しやすい」と支持を得る。
■ミッションは、好き×得意で稼ぐ大人で溢れる社会、そんな大人を見て子どもが未来に夢と希望を描ける社会を創造すること。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ