学んだことを忘れないセミナーの受け方


コーチング、カウンセラー複業・起業差別化戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

このサイトを読んでくださっている方は勉強熱心な方が多いと思うので、これまでに各種のセミナーなどにも参加したことがあると思います。

 

そこで今回は、セミナーで学んだことを忘れないコツについてお伝えしたいと思います。

 

 

起業やビジネスに関するセミナーに参加して、その場では理解したつもりでも、時間が経つにつれて、身につけた知識は曖昧になっていきます。

 

これは人間であれば仕方がないことです。

 

人間は忘れる生き物ですからね。

 

そこで、セミナーの受け方にも工夫が必要になってきます。

 

 

突然ですが、僕たち人間が、最も学習定着率が高くなるような行動は何だと思いますか?

 

それは、人に教えることです。

 

講師の人が喋っているのを聞くだけだと学習定着率が5%しかないのに対して、人に教えると定着率は90%になるとも言われています。

 

 

僕はこの事実を教員時代に知り、それまでの知識伝達型の授業を徐々に辞めていくようになりました。

 

代わりに、生徒同士で教え合う時間を増やしていきました。

 

先生から聞いたことはその日のうちに忘れるけど、友達に喋った内容というのは案外覚えている、という経験があなたにもあるのではないでしょうか?

 

また、人に教えるには、自分が完璧に理解していないと教えることができません。

 

しかも、人に教えることにより、自分のあやふやだった知識も整理されていきます。

 

 

 

以上のことをセミナーの受講に応用すると、

自分が出席したセミナーの内容を友人に教えるつもりでセミナーを受ける

という方法が有効です。

 

ただ聞くだけのインプットではなく、アウトプットすることを前提にインプットをするのです。

 

人にセミナーの内容を教えなきゃいけないから、それだけ真剣に聞くようになり、話のポイントはどこか?ということも考えながら受けるようになるでしょう。

 

人に教えることを前提とする以外にも、ブログにセミナー内容を書くことを前提としてもいいですよね。

 

どちらにしても、アウトプット前提のインプットが、忘れずに定着させるコツです(^^)

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

八田幸久

ワークライフミックス代表
■嫌い×不得意な仕事で鬱状態になり、県庁を退職。同じ思いをしている人たちを一人でも多く救いたいと思い、好き×得意で稼ぐ支援をスタート。
■「強みの分からない1000人」以上をサポートした経験と教員経験を活かしたティーチング×コーチングが「分かりやすく行動しやすい」と支持を得る。
■ミッションは、好き×得意で稼ぐ大人で溢れる社会、そんな大人を見て子どもが未来に夢と希望を描ける社会を創造すること。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ