問題は起こってから考える


コーチング、カウンセラー複業・起業差別化戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

先日、コーチングのセッションをしていた際に、相談者の方と僕との行動パターンの違いに気づかされたので、そのことについて書きたいと思います。

 

 

僕はこれまで、ブログやメルマガ、ホームページなどを作って情報を発信してきましたが、特に誰のチェックも入れずに一人でやってます、と言ったところ、相談者の方が驚いていました。

 

多分、ミスや問題があったらどうするの、と思ったのだと思います。

 

もちろん僕も、事前に計画を立てて準備はしますが、ある程度の準備が整えばGOです。

 

頭でっかちになってうんうん考えてる暇があったら、小さな行動でもいいから実行する方です。

 

というか、そもそも、準備が100%終わるなんてことはいつになってもありませんからね。

 

 

 

こういった僕の性格からしても、以前働いていた県庁では結構しんどかったです。

 

役所はミスが許されないところだから、念には念を入れて準備をします。

 

石橋を叩いて渡る、いや、鉄橋を叩いて渡るような仕事の進め方です。

 

こういう案はどうですか?と新しいことを提案しても、

 

「ああ、それはこういうリスクがある。」
「例えばこんな問題が起こったらどうするのか?」

 

と、理詰めにされたことを覚えています。

 

まあ、おおやけの機関という性質上、仕方のない部分も当然あるんですけどね。

 

 

 

しかし僕たちは違います。

 

役人ではありません。

 

小さな個人は、PDCAサイクルを高速で回さなければなりません。

 

ある程度整ったら行動に移し、改善を重ね、より良いサービスを一日でも早く作成する必要があります。

 

 

 

歴史を振り返ってみると、ドミノピザが良い例でしょう。

 

創業当時、

 

「ご注文から30分で配達します。
30分を超えたら代金は頂きません。」

 

というキャッチフレーズでサービスを開始しましたが、いざ始めてみると、配達時間が30分を超え、ピザを無料にする事態が続出しました。

 

 

 

しかし、それもそのはず。

 

ドミノピザの創業者2人は、30分で配達できるエリアを計算していなかったのですから。

 

 

 

これって、凄いことですよね。

 

僕も、このエピソードを聞いた時には正直ビックリしました。

 

30分で配達できないと赤字になるんだから、配達可能なエリアくらい計算してから始めるだろ…と思いました。

 

 

 

問題は起こってから考える。

 

ドミノピザに学んだ大きなことの一つです。

 

 

もしあなたも、準備に時間がかかっているのであれば、ある程度のところで区切りをつけて、小さなことからでいいので早速行動に移してもらえればと思います(^^)

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

八田幸久

ワークライフミックス代表
■嫌い×不得意な仕事で鬱状態になり、県庁を退職。同じ思いをしている人たちを一人でも多く救いたいと思い、好き×得意で稼ぐ支援をスタート。
■「強みの分からない1000人」以上をサポートした経験と教員経験を活かしたティーチング×コーチングが「分かりやすく行動しやすい」と支持を得る。
■ミッションは、好き×得意で稼ぐ大人で溢れる社会、そんな大人を見て子どもが未来に夢と希望を描ける社会を創造すること。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ