USPを明確に言語化する


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

お客さんを獲得できない先生業に共通していることの一つとして、「USPが不明確」ということがあります。

 

USPとは、Unique Selling Propositionの略で、あなた独自の強み、という意味です。

 

先生業は人気の職業であれがゆえに、ライバルも大勢います。

 

あなた独自の強みがないと、お客さんはわざわざあなたを選ぶ理由がありませんよね。

 

 

USPの良い例は沢山ありますが、有名なものの一つに、創業時のドミノピザが挙げられます。

 

当時は、電話で注文してから配達に30分以上かかり、しかもピザは冷めている…というのが普通でした。

 

そこで、「アツアツのピザを30分以内にお届けします。30分以上かかったら無料!」とUSPを言語化してサービスを始めたのです。

 

他社がやっていないことをUSPとして明確に言語化して伝えることにより、ドミノピザは爆発的に売れたのです。

 

 

参考までに、僕のUSPは、

 

「コーチングで引き出した、あなたの好き×得意をベースに、『月収10万円稼げる』複業を、徹底的に寄り添って、返金保証をつけて創り上げる。」

 

というものです。

 

この中にも、ライバルと差別化を図っているポイントがいくつかあります。

 

 

まず、「コーチングで引き出した、あなたの好き×得意をベースに」という点。

 

コンサルタントの中には、お客さんの意見は聞かずに、儲かる商品や分野で複業しましょう!という方もいます。

 

しかしそれだと、自分の好きなこと・得意なことがベースになっていないため、モチベーションが続きません。

 

ちょっと上手くいかないと、複業・起業を諦める…となってしまうんですね。

 

 

次に、「徹底的に寄り添って」という点。

 

コンサルタントの中には、アドバイスはするからあとは自分でやってね、というスタンスの方も少なくありません。

 

それで充分なお客さんもいるでしょうが、ゼロイチ突破のためには、それではなかなか難しいです。

 

そこで僕は、アドバイザーではなくパートナーとして、親身に寄り添うスタイルを貫いています。

 

 

最後に、「返金保証をつけて」という点。

 

コンサルタントの中には、返金は一切受け付けません、という方は多いです。

 

しかし、コンサルティングやコーチングは目に見えない商品のため、買った後に、「何かちょっと違う…」ということが決して少なくありません。

 

なので僕は、ひとこと言って頂けたら、全額を返金させて頂いています。

 

 

以上のように、USPを明確に言語化することはとても大切です。

 

ぜひ時間を取って、他者にはない自分の強みは何なのか?何をすれば他社と差別化できるのか?ということを考えてみてください。

 


タグ:  

カテゴリ:マーケティング 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

ページの先頭へ