facebookをビジネスで使う際の注意点


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

今回は、先生業がfacebookをビジネスに使う際の注意点についてお伝えしたいと思います。

 

「facebookはもう終わった」という声も聞きますが、やはりまだまだ集客効果の高い媒体です。

 

しかしそれゆえ、ビジネスで使う際には気をつけなければならない点がいくつかあります。

 

そこで今回は、その中でも特に注意すべき点についてお伝えします。

 

 

 

・過度な売り込みは嫌われる

 

言うまでもないですが、毎回の投稿が全て自分のビジネスの紹介や宣伝だったら、見ている方はうんざりしますよね。

 

10回に1、2回のペースで宣伝するくらいであれば大丈夫です。

 

毎回、勉強会のリンクが張ってあるとかはダメですねf^_^;

 

 

 

・ビジネスとプライベートの両方の投稿をする

 

facebookは実名利用で、その人の顔も分かるものです。

 

そこで、ビジネスだけではなくプライベートの投稿をすることによって、その人の人間性を知ることができます。

 

先生業はその人自身が商品となるので、人間性やキャラクターを出していくことはとても重要です。

 

ビジネス:プライベートの割合が7:3程度に、あなたのプライベートな部分も投稿していきましょう。

 

その投稿で、あなたのキャラクターや価値観などが分かればベストです^^

 

 

 

・友達の投稿に「いいね」「コメント」「シェア」を行う

 

自分から発信するだけではなく、自分と繋がっている友達の投稿にリアクションをすることはとても大切です。

 

「返報性の法則」とも言われるように、あなたが友達にリアクションを取っていれば、あなたが自分のビジネスの宣伝をした時に、友達があなたにリアクションを取ってくれるようになります。

 

 

また、「いいね」はお手軽なリアクションですが、それゆえ、あまり効果がありません。

 

「コメント」「シェア」を行うことがとても大切になります。

 

facebookのフィードを見ていても、「いいね」に比べて「コメント」「シェア」の件数って少ないですよね。

 

コメントやシェアなどの手間のかかることを行うことにより、あなたと友達との信頼関係が築かれていくのです。

 

僕も、師匠の一人から「1日に最低3コメントを行うこと」と言われたので、それまで「いいね」も押さないような人間でしたが、積極的にコメントやシェアを行うようになりました。

 

 

 

以上、facebookをビジネスで使う際の注意点を数点お伝えさせて頂きました。

 

facebookについてはまだまだ気を付ける部分があるので、また追ってご紹介したいと思います(^^)

 


タグ: 

カテゴリ:マーケティング 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

八田幸久

ワークライフミックス代表
■嫌い×不得意な仕事で鬱状態になり、県庁を退職。同じ思いをしている人たちを一人でも多く救いたいと思い、好き×得意で稼ぐ支援をスタート。
■「強みの分からない1000人」以上をサポートした経験と教員経験を活かしたティーチング×コーチングが「分かりやすく行動しやすい」と支持を得る。
■ミッションは、好き×得意で稼ぐ大人で溢れる社会、そんな大人を見て子どもが未来に夢と希望を描ける社会を創造すること。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ