集客活動で行うべき「関係性構築」と「顧客教育」


ネット集客が苦手な教室ビジネス起業家が、成約から逆算して顧客獲得するセミナー・体験会戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

メルマガ、ブログ、facebook、youtube、セミナーなどなど、集客するためのツールは色んなものがあります。

 

そして、何のツールを使うのかは人それぞれ異なるのですが、実は、そこで行うべきことは一緒なのです。

 

それは、「関係性構築」「顧客教育」です。

 

 

まず関係性構築ですが、これは、見込み客の方と良い関係性を構築する、ということです。

 

例えば、昔からの仲の良い親友だったら、あなたの話を嫌な顔をせずに聞いてくれると思います。

 

あなたも、仲の良い親友が薦めてくれた本や映画があれば、それを買ったり観たりした、という経験があるかもしれません。

 

反対に、関係性が構築されていなければ、商品を売ることは途端に難しくなります。

 

例えば、ふらっと入った家電量販店で、店員さんから一生懸命商品の説明をされても、「検討します」と返答して買わないことが多いのではないでしょうか?

 

これは、関係性が構築されていないので、その店員さんが言うことを信用できないのです。

 

なので、見込み客の方と関係性を構築するということは必須になります。

 

 

次に顧客教育ですが、これは、見込み客の方に商品の価値を教育する、ということです。

 

相手がその商品の良さや必要性を分かっていなければ、商品を売ることは難しくなります。

 

例えば、昔ながらの掃除機で充分だと考えている人に、ルンバを買ってもらうことは難しいでしょう。

 

価格で判断されてしまい、「こんな高い掃除機要らない」となるでしょう。

 

しかし、価格以上のこんな利点があります、こんな生活を実現できます、と顧客を教育できれば、見込み客の方はその商品に価値を感じ、買ってくれやすくなるのです。

 

あなたもこれまでに、何十万円もする買い物を一つや二つはしてきているはずです。

 

それは、その商品に値段相当の価値を感じたからですよね。

 

 

このように、どの集客ツールを使うかは自由なのですが、やることは、「関係性構築」と「顧客教育」です。

 

つまり、関係性構築と顧客教育ができれば、何の集客ツールでも問題ないのです。

 

あなたは、今使っているツールで、関係性構築と顧客教育ができていますか?

 


タグ:  

カテゴリ:集客 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ