既存サービスに対する不満を解消する商品を作成する


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・福業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

先生業の商品を作成する際には、見込み客の現在の痛み・悩みを解消し、快楽・願望を達成するものが作成できると、売れる商品となります。

 

またその他にも、見込み客が既存のサービスに抱いている不満を解消する商品を作成しても、売れる商品を作成することができるのです。

 

 

例えば、巷にある子ども向けの個別指導塾などもそうです。

 

一昔前までは、学習塾といえば、集団授業型の塾のみでした。

 

しかし今となっては、個別指導型の塾が乱立しています。

 

このように個別指導型が増えた原因は色々ありますが、そのうちの一つは、集団授業塾に対するお客さんの不満があります。

 

・集団授業だとついていけず、落ちこぼれる

・集団授業だと質問ができない

 

個別指導型の塾は、このようなお客さんの不満を解消したサービスになっています。

 

個別指導だと、1対1、もしくはそれに近い人数比なので、質問を気軽にできて、自分の理解度に合わせて授業が進むため、落ちぶれることはありません。

 

このように、お客さんが既存のサービスに抱いている不満を解消する商品を作ることにより、売れる商品となるのです。

 

 

このことは、僕のような複業サポートの商品にも応用することができます。

 

起業塾や起業コンサルは世の中に沢山ありますが、その多くは、集団型の塾だったり、仮に1対1でも、そこまで徹底的にサポートを行わないところがほとんどです。

 

僕も昔、個別コンサルを受けていた時期がありましたが、「もっと親身にサポートして欲しいな…」という不満を抱いていました。

 

そこで、現在僕が行っている複業サポートでは、1対1の二人三脚で、複業のゼロイチをとことん支援しますという、パートナー型のサポートを採用しているのです。

 

「見込み客の方は、既存のサービスにどのような不満を抱いているのか?」を考えて、それを解消する商品を作成してみてください。

 


タグ: 

カテゴリ:マーケティング 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ