同じことを情報発信してOK


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・福業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

情報発信を始めたけれど、ブログやfacebookに新しく投稿するネタがない…という悩みを抱えている人も少なくないと思います。

 

ここでよくある勘違いは、「これまでの記事と違うことを発信しなければならない」というものです。

 

実は、違うことを発信する必要はなくて、同じことを発信してOKなのです。

 

これは極端な例ですが、「初心者にはブログが一番オススメ」と言っていたのに、次の投稿では「初心者にはfacebookが一番オススメ」などと言っていたら、読者の方は、「この人は一貫性がないな…」と思うでしょう。

 

そのような意味でも、同じことを発信する、ということはとても大切なのです。

 

 

しかしもちろんですが、全く同じことを発信していてはダメです。

 

ではどうすれば良いのかと言うと、事例を変えて、同じことを伝えれば良いのです。

 

例えば、集客ではターゲット設定が大切、ということを伝えたいとしましょう。

 

そこで、

 

「恋愛でもそうですよね。ラブレターを書く時にも、自分が好きな人ただ一人に向けて書きますよね。その人のことを想って書いたものだから、読んだ相手は心に刺さるのです。集客でも同様で、ターゲットを絞る必要があります。」

 

のように恋愛を事例としてみたり、

 

「牛丼屋でもそうですよね。吉野家は、男性の一人客をターゲットに設定して大成功を収めました。そこで、すき家は、ファミリー層をターゲットにして、カウンターだけではなくテーブル席を作ったことにより、成功を収めたのです。集客でも同様で、ターゲットを絞る必要があるのです。」

 

と、飲食店を事例にしたりして伝えれば良いのです。

 

同じことを何度も伝えるから、読者の方の理解も深まり、あなたへの信頼度も上がっていくのです。

 

読者の知りたいこと・お困りごとを解決できるコンテンツを繰り返して発信していきましょう。

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ