人が商品を買う理由


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

人が商品を購入する時というのは、頭で理解して買うことはほとんどありません。

 

欲しいという感情が動いて、その後に後付けで頭で納得させています。

 

あなたも、洋服を買いにいって、ある商品に一目惚れをして、その後に、「この色は持っていなかったから…」「今ちょうどセール中だから…」と、自分が購入する理由を後付けした経験があるはずです。

 

 

また、「感情が動く→購入する」というメカニズムは、より詳しく説明すると、その商品を購入した未来に期待を持つことができれば、人はその商品を購入する、と言えます。

 

その洋服を将来に自分が着て、カッコイイ姿になれるのが期待できるから、その洋服を購入するのです。

 

つまり、人を動かすには、期待させることが必要ということです。

 

なので、世の中のマーケティングは、人々に、その商品を購入した後のことをこれでもかと期待させます。

 

例えば、映画の予告でもそうです。

 

映画の予告CMは、映画本編のイチオシのシーンを選りすぐって構成されていますよね。

 

そうやって人々の期待を高め、「面白そう!見てみたい!」と思ってもらい、映画館に足を運ばせるのです。

 

 

先生業でも同様に、見込み客の方に契約を結んでもらうには、先生業の商品を通して、理想の自分になれると期待させることが必要です。

 

そのために、コンテンツを作り込み、刺さるキャッチコピーを考え、セールスやセミナーの場で期待を高めるプレゼンをしていくのです。

 

あなたの先生業の商品は、見込み客の方に期待を抱かせる内容・見せ方になっていますか?

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

ページの先頭へ