メルマガ初心者のためのマインドセット


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

先生業などの一人型ビジネスで売上を上げるためには、集客を行う必要があります。

 

そして、集客を考える上で欠かせないのが、メルマガです。

 

メルマガと聞くと、一昔前のツールじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、大きい売上を上げている起業家の方達は口を揃えて、メルマガが最重要と言われています。

 

これだけ多くのSNSや複業のプラットホームが存在している中でも、売上を上げるためには、メルマガが一番なのです。

 

しかし、メルマガを発行するとなると、ハードルが高い…と感じられる方も多いと思いますので、今回は、メルマガを始めるにあたってのマインドセットをお伝えしたいと思います。

 

よく聞かれる質問に回答する形で進めていきますね。

 

 

・お金がかかりそう

 

メルマガは実は、金銭的なリスクはゼロで始めることができます。

 

有料のメルマガ配信スタンドがほとんどなのですが、中には、無料でメルマガを発行できる配信スタンドもあります。

 

僕も、無料の配信スタンドから始めました。

 

 

・メルマガを配信する対象の人が少ない

 

何も、最初から何百人の読者がいなければならない、というきまりはありません。

 

あなたが今つながっている方を対象に、最初は数人に対してメルマガを配信していけば良いのです。

 

facebookで繋がっている人に対して、名刺交換した人に対して、メルマガの案内をしてみてください。

 

 

・メルマガに書くネタがない

 

ネタは、日常生活に溢れています。

 

読んだ本、受けたセミナー、読んだメルマガ、入ったお店、聞いた話、クライアントから受けた質問、名言、お悩み掲示板の質問、時事ネタ、などなど、ネタの種は沢山あります。

 

コツは、常に、「メルマガに書くネタはないか?」という視点を忘れずに生活することです。

 

そうすれば、何気ないことにも、ネタは潜んでいます。

 

 

・そうは言ってもネタが尽きそう

 

多くの人が誤解していることですが、メルマガには、同じことを書いても問題ありません。

 

もちろん、全く同じでは意味がありませんが、過去に書いたメルマガの内容をちょっと違う角度から書けば良いのです。

 

同じ内容のことを言うということは、それだけ重要なことなんだなと思ってもらえます。

 

また、そもそも読者の方は、そこまであなたのメルマガを真剣に読んでいないので大丈夫ですf^_^;

 

 

・継続できなさそう

 

オススメは、メルマガを書く時間を決める、ということです。

 

毎日書くのであれば、仕事から帰宅したら夕食の前に書く。

 

毎週書くのであれば、日曜日の朝食後に書く。

 

といった具合です。

 

メルマガを書くということを日常生活の中のルーティンにしてしまえば、習慣になります。

 

 

ぜひ気軽に、ブログやSNSだけでの発信ではなく、メルマガに挑戦してもらえたらなと思います^^

 


タグ:  

カテゴリ:集客 

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ