ポジショニングに終わりは無い


コーチング、カウンセラー複業・起業差別化戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

先日、freelance nightというイベントに参加してきました。

 

名前の通り、現在フリーランスとして働いている人や、これからフリーランスになりたい方向けのイベントでした。

 

そこで、参加者同士の交流の場があったんですが、その時の出来事について書きたいと思います。

 

 

 

その交流の場にて、とある女性の方と名刺交換をしたんですが、僕の名刺を渡すや否や、「これまで貰った名刺の中で一番怪しい」と言われました(笑)

 

まあ、その時に渡した名刺が、僕がやってるセミナーのチラシを名刺サイズに加工したものだったので、そう映ったのかもしれません。

 

いわゆる普通の名刺の体裁ではないものでしたからね。

 

僕は、人と違うと言われることが好きなので、その女性の言葉を聞いた時には、「初対面の相手に向かって失礼な人だな…」とは正直思いつつも、「他人と差別化を図った名刺を作れた!」とも思っていました。

 

一番怪しいということは、言い換えると、一番尖っているということですからね(笑)

 

 

その後、家に帰って、このままの名刺で行こうかなとも思ったのですが、そうは言っても、名刺交換という自分の第一印象を決める場で、いきなり怪しまれるのは流石にまずいだろうと感じ、また新しい名刺を別に作ることにしました。

 

こんな感じで、独立してからというもの、名刺は数えきれないくらい作り直しています。

 

相手の反応が微妙であれば、肩書やキャッチコピーも作り替えています。

 

現に僕の師匠の一人も、自分のポジショニングを確立するまでには8か月かかったと言っています。

 

 

 

このように、色んな人や出来事からフィードバックを貰いながら、徐々に自分のポジションを確立していくのです。

 

一度決めたら終わり、というものではないのがポジショニングです。

 

僕も、今回のように、名刺を渡した時の相手の反応を見て、文言などを微調整しています。

 

よく突っ込まれるところや質問されるところは目立たせ、逆に全く触れられないところは削っています。

 

今は名刺もかなり格安で発注することができるので、こうやって手軽にテストマーケティングができるのはいいですよね(^^)

 

あなたの名刺は、見込み客に興味を抱かせる名刺になっていますか?

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

八田幸久

ワークライフミックス代表
■嫌い×不得意な仕事で鬱状態になり、県庁を退職。同じ思いをしている人たちを一人でも多く救いたいと思い、好き×得意で稼ぐ支援をスタート。
■「強みの分からない1000人」以上をサポートした経験と教員経験を活かしたティーチング×コーチングが「分かりやすく行動しやすい」と支持を得る。
■ミッションは、好き×得意で稼ぐ大人で溢れる社会、そんな大人を見て子どもが未来に夢と希望を描ける社会を創造すること。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ