ビリギャルに学ぶギャップ集客法


会社員コーチングコンサル複業・福業するための戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

人間は基本的に、ギャップを見せられると魅力を感じやすくなります。

 

恋愛でも、ギャップを見せるというのは異性の気を引くためには有効な手段ですよね。

 

同様に、複業などのビジネスでも、ギャップを見せるというのは見込み客の興味を引くのに有効な手段になります。

 

例えば、本や映画で話題になった「ビリギャル」のサブタイトルは、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」です。

 

学年ビリのギャル→慶応大学に現役合格

 

という、とても強力なギャップがあります。

 

あなたもこのサブタイトルを見て、興味をそそられたのではないかと思います。

 

ギャップを見せるという手法は、複業などのビジネスでは、セミナーやブログなどのタイトルに応用させることができます。

 

・人脈ゼロ、実績ゼロから1年で月収50万円を達成

・営業成績最下位の会社員がお願いをせずに毎月契約獲得

・うつ状態の会社員から独立して年収1000万円達成

 

などです。

 

 

そして、このようにキャッチコピーを考える際に頭に入れておいて欲しいのは、読んだ人が興味をそそられるような文面を作成するのが大事、ということです。

 

上記のビリギャルの例だと、「学年ビリから1年で慶応大学現役合格?本当かよ?」と思った人が多いと思います。

 

しかし、それくらいがちょうど良いのです。

 

人によっては、煽っている感じがして何か嫌だ、と思われる人もいるかもしれませんが、それくらいでないと、人は「詳細を知りたい!」とは思わないのです。

 

ビリギャルでも、例えば「学年下位層から一日15時間猛勉強して慶応大学に合格した話」と言われても、そもそも本を手に取らないのです。

 

そうなれば、それがどんなに面白いストーリーであっても、売り上げは上がりませんよね。

 

セミナーやブログでも同様で、魅力的なタイトルでなければ、お客さんに選んでもらえないのです。

 

ぜひ、あなたの見込み客が興味をそそられるようなギャップを見せることはできないか?を考えてみてください。

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ