ターゲットを変えて売ってみる


会社員コーチングコンサル複業・福業するための戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

商品・サービスを考える際に使えるテクニックの一つに、ターゲットを変えるというものがあります。

 

どういうことかと言うと、あるターゲットについて流行っている商品を、他のターゲットに向けて提供してみるというものです。

 

例えば、一時期、大人のための数学や歴史の学びなおしがブームになりました。

 

書店にはそのような書籍が並び、大人向けの数学塾なども登場し、現在もサービスを継続させている会社もあります。

 

これらは、子どもをターゲットにしていた中高で習う数学や歴史を、大人をターゲットにして展開した例です。

 

 

僕も昔、大人を対象にして数学的思考法を教えるセミナーを何度か開催したことがあります。

 

「数学なんて子どもが学校で勉強するためのもので、社会人の大人は数学になんか興味ないだろう…」と最初は思っていたのですが、蓋を開けると、10名以上の大人の方がセミナーに参加してくださいました。

 

数学は子どもが嫌々ながら学ぶものだ、という自分の先入観が壊れた出来事でしたね。

 

子どもでも、少数だけど数学が好きな人がいるように、大人でも、数学が好き・興味がある人は必ずいるのです。

 

あなたもぜひ、あるターゲットに対して流行っている商品・ニーズがある商品を、他のターゲットに向けて提供できないか?を考えてみてください。

 


タグ:

カテゴリ:集客 

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ