ターゲットが明確になればキャッチコピーが書ける


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

ビジネスでは、”誰に”商品を売るのかという、ターゲット設定がとても重要です。

 

誰を対象とするかによって、商品はもちろん、マーケティングの仕方も変わってきます。

 

そしてこれは、キャッチコピーも例外ではありません。

 

ちなみにキャッチコピーとは、簡単に言うと、「人の注意をひく広告文、宣伝文」のことです。

 

先生業であれば、セミナータイトルだったり、ブログのタイトルなどが該当します。

 

 

このキャッチコピーを作成する際には、相応のコピーライティングのスキルが必要となるのですが、今回は、そのスキルの中でも特に効果のあるノウハウについてお伝えします。

 

それは、あなたのビジネスのターゲットを明確にすることにより、魅力的なキャッチコピーが書けるようになる、というものです。

 

どういうことかと言うと、ターゲットを一人イメージして、

 

その人が普段どんなことを言ったり思ったりしているのかを具体的に考えてみるということです。

 

 

例えば、複業・起業したい人をターゲットに設定したとします。

 

そして、

 

「こんな遣り甲斐のない仕事ではなく、もっと自分の好きなことで稼ぎたい…」

「上司のいいなりはもう嫌だ!早く辞表を叩きつけたい!」

 

と、ターゲットが思っていると考えたとしましょう。

 

すると、キャッチコピーとしては、

 

「本当に好きなことで稼ぎたい…と思っているあなたへ」

「今すぐにでも辞表を会社に叩きつけたいあなたに贈る…」

 

などが考えられるのです。

 

 

このように、普段ターゲットがどんなことを言っているか、思っているかを具体的に考えることにより、それがそっくりそのままキャッチコピーに転用できるのです。

 

ぜひあなたも、ターゲットの普段の生活を具体的に想像して、それを踏まえてキャッチコピーを作成してみてください(^^)

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ