セミナーの告知ページに記載する2つのこと


告知ページ

好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

あなたは、セミナーや勉強会の告知ページを作成する際に、どのような点に注意して作成していますでしょうか?

 

人が集まらないセミナー・勉強会の告知ページには、共通する点があります。

 

それは、そのセミナー・勉強会のコンテンツ(内容)をページに記載してしまうということです。

 

コンテンツを書いてはダメということではありません。

 

そうではなく、コンテンツの記載に終始してはいけない、ということです。

 

 

では、何が必要かと言うと、それは、その告知ページを見た人が、そのセミナー・勉強会に参加することで何を得られるのか?という、相手側のメリットを記載する、ということです。

 

「ビジネスアイデアの見つけ方が分かります」

「お客さんと知り合う方法が分かります」

「セールスに抵抗がなくなります」

 

といった具合です。

 

上記のようなことは、営業が得意な人が実践していることでもあります。

 

この商品を買うことによって、あなたにどんなメリットがあるのか?を、常にお客さんに伝えているのです。

 

 

しかし実は、告知ページに記載することは、相手のメリットだけでは不十分なのです。

 

では、何が必要なのか?

 

それは、なぜあなたが、そのセミナー・勉強会を開催するのか?ということです。

 

多くの場合、それは、あなたがそのセミナー・勉強会にかける情熱になります。

 

こんなことで自分は苦労したから、他の人には苦労してほしくない。

こんなことを自分は乗り越えてきたから、他の人にも乗り越えてほしい。

こんなことで自分は悩んだから、他の人のこんな悩みを解決したい。

 

そのようなことです。

 

人は、自分にメリットがあると判断した時に行動を起こしますが、他人の苦労や情熱に共感した時にも行動を起こします。

 

あなたも、他人の想いに共感し、応援したい!行動したい!と思った経験はあると思います。

 

 

ぜひ、セミナー・勉強会の告知ページには、参加することによるメリットと、なぜあなたが開催するのか?という内容を盛り込んでみてください。

 


タグ:  

カテゴリ:マーケティング 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ