ステップメールの弱点とウェビナー


ロジック苦手な教室ビジネス起業家が、成約から逆算して顧客獲得するセミナー・説明会戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

教室ビジネスを始めとする先生業などの一人型ビジネス・コンサル型ビジネスでの集客動線としては、まず始めに無料でステップメールに登録してもらう、というものが主流でした。

 

ステップメールとは、メールアドレスを登録してもらい、3日~7日程度に渡ってメールを送るというものです。

 

もしかしたらあなたも、ステップメールを組んで集客しているかもしれません。

 

しかし現在、このステップメールへの登録率が全体的に下がっていると言われています。

 

アメブロなどを見ても、多くのコンサル型ビジネスをされている個人の方が、ステップメールで集客していますからね。

 

お客さんの方も、ステップメールに飽きてきたというのがあると思います。

 

 

また、ステップメールは上述したように、3日~7日に渡って毎日メールを送る手法です。

 

送り手側としては、そのメールを毎日読んでもらうことによって、読者の方と関係性を構築し、商品・サービスに興味を持ってもらうことを目的としています。

 

しかし現在、このステップメールに登録した方が、途中で離脱するケースが続出しているんですね。

 

例えば、とあるステップメールに10人が登録しても、2日目にメールを開封する人は8人、3日目にメールを開封するのは6人、というような具合です。

 

せっかくメールアドレスを登録してもらっても、最後の日までメールを読んでもらわないと、お客さんとの関係性が構築できず、適切な顧客教育もできない訳です。

 

これはかなりもったいないですよね。

 

 

そこで、このようなステップメールの問題点を解決する手段として一昔前に登場したのが、ウェビナーという手法です。

 

アメリカではもう少し前から主流となっている手法ですが、日本に上陸したのは数年前です。

 

ちなみにウェビナーとは、「ウェブ上のセミナー」の略です。

 

簡単に言うと、これまでリアルでセミナーを行なっていたものを、ウェブ上で行うものと理解して頂ければ大丈夫です。

 

リアルでのセミナーでは、2時間であればその時間内に、関係性を構築し、顧客を教育し、セールスまで行います。

 

それを、ウェブ上でやるのです。

 

ウェビナーの利点は、2時間であればその時間内でセールスまでやってしまうため、ステップメールのように、途中で視聴者が離脱するという可能性が低くなります。

 

ただ、ネットでは一般的に高額商品は売りづらいため、ウェビナーで売れるのはせいぜい5万円までの商品と言われています。

 

なので、それ以上の価格の商品を売りたい場合は、リアルで行う成約逆算型セミナーと同じように、ウェビナーの後に個別相談を一回挟むのがいいですね。

 

一方、低額商品であればネットだけでも売れるため、ウェビナーを自動化することも可能です。

 

僕の師匠の中にも、ウェビナーを用いて、集客から商品販売・提供までの全部の工程を自動化されている方がいます。

 

 

以上、ステップメールのデメリットと、ウェビナーのメリットを中心にお伝えさせて頂きました。

 

ぜひあなたも、ウェビナーを、web集客の選択肢の一つに考えてみてください^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ