自分史を作成すると複業が加速する理由


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

自分史作成(自己棚卸し)を行うことは、複業や起業をするにあたって、とても強力な作業になります。

 

理由を超簡潔に言うと、自分の好きなことや得意なこと、ひいては人生のミッションが見つかる可能性が高いからです。

 

そんな自分史作成ですが、今回は、その中でも特に大きなメリットの一つについてお伝えします。

 

 

自分史作成の大きなメリット。

 

それは、自分の価値観が分かり、今後どんなことを大切にして仕事をしていきたいのかが分かる、ということです。

 

人間は、一日に何回も選択を繰り返しています。

 

そうやって選択を繰り返した結果、今日のあなたが今そこに存在しているのです。

 

重大な場面において違う選択をしていたら、今あなたはそこにいないはずです。

 

自分史を作成して過去を振り返ることにより、この局面では自分はこんな選択をした、ということが分かります。

 

そのような選択の場面を振り返ると、そこに高い確率で、共通した選択基準があるのです。

 

 

もし、転職を何度か経験している人であれば、転職の際に条件としたことを振り返ってみてください。

 

仮に転職先が異業界・異業種でも、そこには必ず何かしらかの共通した価値観があって選択しているはずです。

 

例えば僕だと、これまでに、教員・民間企業・独立と新しい経験をしてきましたが、どれも、人をサポートしたい、という想いを根底に持って新しいステージを選択しています。

 

ということは、自分は、人をサポートする仕事が心から好きなんだな、ということが分かるのです。

 

転職の経験がない方は、大学を選択した時、アルバイト先を選んだ時、就職先を決めた時などを振り返ってみてください。

 

人生の途中で自分が大切にしたいものが変わる可能性はありますが、複数の選択の場面に共通している選択基準というものはきっとあるはずです。

 

また逆に、選択しなかった方にも共通の条件はあります。

 

例えば僕だと、「人をサポートしたい」という想いが根底にあるため、転職の際にも、人と関わらない事務のような仕事は、最初から選択肢に入れていません。

 

「自分の好きなことが分からない」という場合は、自分が嫌いなことを考えてみるのが有効なんですね。

 

 

このように、自分史作成(自己棚卸し)を行うことにより、自分が大切にしたいこと、自分の価値観が分かります。

 

その自分の想いや価値観に沿った複業を選択することにより、情熱を持って行動し続けることができるようになります^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ