目標は無くても良い?!目標設定の落とし穴


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

「目標を持て」とは、小さい頃から言われてきたことですよね。

 

勉強であればテストの点数、スポーツであれば何回戦突破、などです。

 

明確な目標を持つことによって、やる気が高まり、行動が加速されます。

 

しかし実は、複業などのビジネスに関しては、目標を持つことが必ずしもベストだとは限らないんです。

 

なぜなら、人間には、「目標型」と「展開型」の2つのタイプが存在するからです。

 

 

「目標型」とは、明確な目標を立てることにより、やる気が高まり、行動が加速され、実際に成果を手に入れるような人です。

 

しかし人間は、このタイプばかりではないんですね。

 

明確な目標を設定することにより、息苦しさを感じる人もいます。

 

目標を設定すること自体があまりワクワクしない、という人もいます。

 

最終目的は、成果を出すことですよね。

 

目標を立てることは、目的ではなく手段です。

 

目標を立てるのが楽しくなかったり、息苦しさを感じていては、本末転倒ですよね。

 

一方、「展開型」とは、その時その時の自分の直観に従って行動して、最終的に成果を手に入れる人です。

 

おおまかな目標だけイメージして、あとは自分の興味関心の赴くままに行動していきます。

 

自分のワクワクをベースにして色んな点を打っていったのち、点と点がつながって線になるようなイメージです。

 

 

この「目標型」と「展開型」は、どちらが優れている、というものではありません。

 

人間のタイプ次第なので、自分に合った方でOKです。

 

目標を立てることが好きで、立てた目標に向かって努力するのが好きだ!という人もいれば、自分の心や直観に従ってワクワクを追求するのが好きだ!という人もいますからね。

 

ちなみに僕は、両方を取り入れています。

 

毎年・毎月の目標を設定して、それを達成できるように日々の行動を考えて実行しています。

 

しかし同時に、偶発的な出逢いやチャンスにもすぐ飛び込むようにしてるんですね。

 

個人的には、そもそも複業というものが「自分の好きなことを仕事にする」という考え方なので、ワクワクに従って行動する、ということは大事かなと考えています。

 

 

しかしながら、僕の周りの複業希望者の中には、「目標がないから行動できない」という人も少なくありません。

 

何かを決めないと行動できないと思ってるんですね。

 

でもそれ、まったく逆です。

 

目標がないから行動できないんじゃなくて、行動するから目標が決まるんです。

 

結局、行動しなければ、何の経験値も溜まりません。

 

机に向かって立派な目標を立てても、アウトプットはゼロですよね。

 

複業の最初の一歩を踏み出せていない人は、まずは、自分が興味のあること、自分がワクワクする新しい何かにチャレンジをしてみてください。

 

そのような行動を積み重ねることにより、自分が本当に好きなこと・やりたいことが分かり、達成したい目標も見つかりますよ^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ