振り返りであなたのブレーキが外れる


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

自分のやりたいことが分からない…

今の会社員生活に不満があるんだけど、一歩が踏み出せない…

 

という方も少なくないと思います。

 

しかし、これまで多くの方の相談に乗らせて頂いて、確信していることが一つあります。

 

それは、誰でも、好きなこと・やりたいことは少なくとも一つは持っているということです。

 

 

そのように、自分の好きなことをしたい!というアクセルは踏んでいるんだけれども、それと同時に、ブレーキも踏んでいるのです。

 

具体的には、

 

こんなことやっても稼げないんじゃないか…

周りの友人からどう思われるか…

親から何と言われるのだろうか…

友達がいなくなってしまうのでは…

世間体が…

 

などのようなブレーキです。

 

アクセルを踏んでるんだけれども、同時にブレーキも踏んでるもんだから、なかなか前に進めません。

 

そして、このブレーキをかけているものは、あなたの無意識によって引き起こされている可能性があります。

 

 

どういうことかと言うと、例えば親から、

 

「公務員や上場企業に勤めるのが安心」

「お金持ちは卑しい」

 

などということを幼い頃から言われていたら、あなたの潜在意識にそれらの価値観が植え付けられます。

 

その結果、起業家なんて冗談じゃない、自分の好きなことを抑えて会社員で定年を全うするんだ、という潜在意識に支配されます。

 

そして現実に、そのような生活を送ることになります。

 

 

僕も、親の影響は少なからずありました。

 

父親が営業職で、「営業はやるもんじゃない」と、小さい頃から言われていました。

 

その結果、そのような価値観が植え付けられ、就活の際にも、営業職は避けるようになりました。

 

 

自分が幼い頃の親の影響というのは、あなたが思っているよりもずっと強力です。

 

もちろん、親の価値観がプラスに働くこともあります。

 

しかし当然のことながら、マイナスに働くこともあるのです。

 

その部分をフラットに捉え直す意味でも、自分史の振り返りをすることはとても効果があります。

 

親の何気ない一言がブレーキになっていたけど、振り返りを行うことにより客観的に捉えることができ、一気にアクセル全開になった、という例は数多くあります。

 

あなたもぜひ、自分のブレーキを外すためにも、自分史の振り返りをして、必要であれば親御さんとも話をしてみてください(^^)

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ