情報発信の3つのメリット


ロジック苦手な教室ビジネス起業家が、成約から逆算して顧客獲得するセミナー・説明会戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

「情報発信が大切とはよく聞くけど、まだ本格的に取り組めていない…」という方も少なくないと思います。

 

そこで今回は、そんなあなたにもぜひ情報発信を始めてもらいたいと思い、情報発信の3つのメリットについてお伝えします。

 

 

メリットその1

【ポジショニング、ブランディングができる】

 

情報発信をすることによって、自然と、あなたのポジショニングやブランディングができあがっていきます。

 

想像してもらえば分かりますが、情報発信する内容は、その人が興味のあることになります。

 

例えば、グルメに興味がない人は、料理についての発信をすることはないのです。

 

ヨガが好きな人は必然的にヨガに関する情報発信が、音楽が好きな人は必然的に音楽に関する情報発信が多くなります。

 

そして、その発信を見た人は、あなたのことを「その分野に詳しい人」と捉えるようになります。

 

そのようにして、あなたのポジショニングが築かれ、更に発信を続けていくことにより、自己ブランディングに繋がっていきます。

 

 

メリットその2

【インプット量が増える】

 

情報発信はアウトプットなのに、インプット量が増える?と疑問に思った人もいるかもしれません。

 

しかし逆説的ですが、アウトプットをすることにより、インプット量が増えるのです。

 

まず、情報発信を自分に課すようになると、発信するためのネタが必要になります。

 

そうなると、日常生活の中で、ネタを探すようになるんですね。

 

本から、ネットから、入ったレストランから、職場から、様々なところからネタを探すようになります。

 

なので、もっと学びたい、という学習意欲の高い方にとっても、情報発信はオススメです。

 

 

メリットその3

【自分が本当に好きなこと、やりたいことが分かる】

 

情報発信を続けていくと、多くの場合、よく発信するジャンル、あまり発信しないジャンルという風に、投稿内容が偏ってきます。

 

ま、考えてみれば当然です。

 

自分が好きなこと・やりたいことであれば、記事を書くのも苦痛に感じず、スラスラ書けるでしょう。

 

なので、これまでに自分が発信した内容を一度見返してみて欲しいのです。

 

偏って何回も発信している、という分野がきっとあるはずです。

 

それは、誰かに言われて書かされたものではありません。

 

あなたが自分から能動的に書いたものなのです。

 

 

以上、情報発信の3つのメリットについてお伝えさせて頂きました。

 

まだ情報発信をしていない方であれば特に、「ちゃんとした文章を書かなければならない…」と思ってしまいがちですが、何事も、継続することが第一です。

 

「ちゃんと書かなければ…」と思っていると、なかなか手が動かず、継続できません。

 

まずは気軽な気持ちで、まとまりのない文章でも構いませんので、情報発信の第一歩を踏み出してもらえたらなと思います。

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ