強みに個性を掛け合わせて差別化する


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

ライバルとの差別化を図る際には、自分の得意なことや強みを考えると思います。

 

自分のこれまでの実績だったり、得意なジャンル、得意なお客さんのタイプ、などです。

 

しかし実際に活動してみると分かりますが、得意なこと・強みだけでは、なかなか差別化するのが難しいです。

 

先生業の人数が多すぎて、同じような強みを打ち出している人が沢山いるんですね。

 

そこで、より差別化できる方法を考える必要があるのですが、そこでオススメなのが、自分の個性を掛け合わせるという方法です。

 

強みは人によって似てくるかもしれませんが、個性は、あなただけのものです。

 

あなたとまったく同じ個性を持った人はいませんからね。

 

 

例えば、あるラーメン屋は、店内は私語禁止というルールを作り、店頭に張り紙をしました。

 

なぜ、私語禁止にしたかというと、そこの店主が、喋るのが苦手だったからです。

 

ラーメン屋であれば、威勢のいいスタッフさんがいた方が盛り上がりそうです。

 

でもあえて店主の個性を前面に出して、私語禁止にしたんですね。

 

そうしたところ、珍しいということで話題になり、繁盛店になったという実例があります。

 

 

また、先生業の例を出すと、親身さ、面倒見の良さを強みとしてアピールしている方は多いです。

 

そこであえて、自分の厳しいという個性に注目して、キツめに指導するということを差別化のポイントにしている先生業もいます。

 

世の中には、手取り足取り教えて欲しいという人もいる一方で、厳しめに教えて欲しいという人も必ずいます。

 

実際に僕も、褒められるよりも、悪い部分をどんどん指摘してもらって厳しく指導してくれる方が慣れていたりします。

 

 

また、外見で個性を出すというのも一つの方法です。

 

僕が昔通っていた起業塾の先生は、Tシャツにスニーカーで講義をされてました。

 

コンサルタントなどの先生業だと、スーツ姿の人が多いですよね。

 

この点についても、コンサルタントなんだから、高そうなスーツを着ていて欲しいという人がいる一方で、カジュアルな服装の方がとっつきやすくて質問しやすそう、という人もいるのです。

 

ぜひ、あなたの強みにあなたの個性を掛け合わせて、差別化を考えてみてください^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ