ライスワークからライクワークへ


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

自分の好きなことを見つけるヒントは数多くありますが、今回は、その中でも強力なものの一つを紹介したいと思います。

 

それは、「お金を貰えなくても自分がやりたいこと」です。

 

 

例えば僕であれば、学生時代にバイトをしていた時、その第一目的は、お金を稼ぐことではありませんでした。

 

もちろん、お金を稼いで生活費の足しにする・遊行費に使うという目的もありましたが、それ以上に、単純に、その仕事への興味などの方が大きかったです。

 

塾講師の仕事では教えることに遣り甲斐を感じていましたし、ハンバーガー屋での仕事では、バイトリーダーとしてお店やスタッフのマネジメントを行うことに遣り甲斐を感じていました。

 

バイト仲間から色んな相談を受けることも多く信頼されていたため、仮にお金が貰えなくても続けていたでしょうね。

 

 

そして、今の複業プロデュースの仕事に就いてからは、最初の頃は、無料で色んな方の相談に乗っていました。

 

実績が無かったからというのもありますが、これも、人のキャリアの悩みを聴いてコーチングを行うことを通して、新たな自分の可能性や強みについて発見してもらえることに遣り甲斐を感じていたためです。

 

 

また、現在、複業で関わっているワイン会の運営もそうです。

 

これはボランティアで関わっているのですが、この目的もただ単純に、人と人とを繋ぐサポートや、イベントの主催が好きだからやっています。

 

一応報酬として、運営ボランティアに参加したらワインを貰えることもあるのですが、明らかに、このワイン目的で参加しているスタッフの方も少なからずいます。

 

貰えるワインには希少性の高いものもあり、もちろん僕も貰えるワインが楽しみではあるのですが、「自分が持ち帰れるワインがなくなるから、参加者に注ぐワインを少なくしよう…」などと言うスタッフもいるんですよね。

 

僕は、お客さんの満足度が第一で、貰えるワインは二の次なので、このような発言を聞くと正直気分が悪くなります(-_-)

 

先生業に就いている人間は人のサポートが好きなので、このような自分中心の発言は信じられません。

 

 

複業を始めようと思って行動しても最初の頃は、お金を稼ぐことは難しいかもしれません。

 

そのような時は、ボランティアでも無料でもいいので、自分が興味のあることをとりあえずやってみることをオススメします。

 

そこで、「無料だったらやりたくないな…」と思うのであれば、それは、あなたの本当に好きなことではないかもしれません。

 

ぜひ、ライスワーク(お米=食べるための仕事)ではなく、ライクワーク(好きな仕事)を見つけて欲しいなと思います(^^)

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

八田幸久

ワークライフミックス代表
■嫌い×不得意な仕事で鬱状態になり、県庁を退職。同じ思いをしている人たちを一人でも多く救いたいと思い、好き×得意で稼ぐ支援をスタート。
■「強みの分からない1000人」以上をサポートした経験と教員経験を活かしたティーチング×コーチングが「分かりやすく行動しやすい」と支持を得る。
■ミッションは、好き×得意で稼ぐ大人で溢れる社会、そんな大人を見て子どもが未来に夢と希望を描ける社会を創造すること。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ