お金に対するマインドブロックを外す方法


ロジック苦手な先生ビジネス起業家が、成約から逆算して顧客獲得するセミナー・説明会戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

「お金が欲しくて複業や副業をやり始めたのに、なかなかお金を稼ぐことができない…」という方もいると思います。

 

本当に心の底からお金が欲しくて行動してて、それでもお金を稼げないという方もいますが、そうでない人もいます。

 

どういうことかと言うと、無意識で、お金を欲しいとは思っていないから、お金を稼げない場合があるということです。

 

「いや、そんなことはない。自分は本当にお金が欲しいんだ!」と思った人もいるかもしれませんが、それは、意識でそう思っているだけで、無意識ではお金を拒否している、ということがあるんです。

 

 

人間には意識と無意識があり、処理できる情報量は、無意識の方が圧倒的に多いです。

 

例えば、歯を磨く時に、どの歯から磨こうか?なんて、意識してませんよね。

 

靴を履く時に、どちらの足から履こうか?なんてことも、意識してませんよね。

 

人間は、無意識で行動していることがとても多いのです。

 

そしてそれは、お金を受け取る、稼ぐ場面においてもそうです。

 

意識では「お金を欲しい」と思っていても、無意識で「お金はあまり欲しくない」と思っていると、お金を受け取ることができなくなってしまうのです。

 

 

では、そんな、意識よりも処理量が多い無意識はどのように出来上がっているか?ですが、それは、これまでの情報、教育、経験からできています。

 

例えば、子どもの頃に、親から、

 

「お金は汚い」

「金持ちはズルいことをしている」

「お金持ちになってもろくなことがない」

 

ということを言われていたとすると、そのようなお金に対する価値観が、大人になっても無意識に残っているんですね。

 

その結果、お金を稼ごう、と思っても、無意識のせいでお金を受け取れなくなってしまうのです。

 

具体的には、セールスの場面で、最後のクロージングができなかったり、せっかくお金を得られるチャンスが巡ってきたのに、それを見過ごす、という行動を取ってしまいます。

 

 

なので、まずは、無意識で抱いているお金に対するブレーキを外すことが必要になってきます。

 

そして、ブレーキを外すためには、自己棚卸しをすることが有効な手段の一つです。

 

自分が子どもの頃を思い出して、親の口癖は何だったか?自分に何と言っていたか?ということを思い出すことにより、自分が踏んでいるブレーキを見つけることができます。

 

そうやって、ブレーキの正体が分かればしめたものです。

 

別にお金は汚いものではありませんし、金持ちが全員がズルいことをしている訳でもありません。

 

それが分かれば、「お金を稼いでもいいんだ」と無意識でも思えるようになり、お金を受け取ることができるようになります。

 

なかなかお金を稼げない…お金を受け取ることにブロックがある…という場合は、ぜひ、自己棚卸しをしてみて、お金に対する間違ったブロックがないか?を確認してみてください^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ